@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魔女【まじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

魔女
まじょ
witch
超自然的な方法によって他人に災いをもたらす女妖術師広義妖術は,他人に対して超自然的作用により意図的に災いを及ぼす場合と,意図的ではない場合の両方を含むが,狭義の妖術 witchcraftは,後者の神秘作用のみをさし,意図的行使邪術 sorceryと呼ばれる。しかし,一般には邪術を主として用いる女性をさす。ヨーロッパでは旧石器時代から魔女の観念があったことを示す遺構が残っており,魔女の歴史は古い。特に魔女が衆目を集めたのは,16世紀前後の魔女狩りが激烈であった時代であり,そのときに処刑された者の数は数万にも及ぶといわれる。妖術師は男女両性にわたってみられるが,女性の場合のほうが多いといわれる。きわめて伝統的生活をおくる社会では,社会的規範から逸脱した者が魔女と呼ばれ,非難されることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ま‐じょ〔‐ヂヨ〕【魔女】
ヨーロッパの俗信で、悪霊と交わって魔力を得た女性。その超自然的能力により、人間に対して悪事を働き教会に対して害を与えると考えられた。ウイッチ。
悪魔のような女。また、男性の心を惑わす、あやしい魅力をもつ女性。
普通の人にはない、特別にすぐれた能力をもつ女性。「東洋の魔女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

魔女
五十嵐大介による漫画作品。トルコ熱帯地方北欧、日本を舞台にした魔女をテーマにした連作集。『IKKI』2003年6月号~2005年1月号に連載。小学館IKKI COMIX全22巻。第8回(2004年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門 優秀賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔女

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まじょ【魔女 witch】
中世から近世にかけ,ヨーロッパでその実在が信じられ,特殊な能力をもち,しばしば社会に害をなす,と考えられた一群の女性をいう。ただし,〈魔男〉という日本語はないものの,魔女に対応する男性が存在しなかったわけではなく,これには魔術師,魔法使い(英語wizard,ドイツ語Hexer,フランス語sorcier)などの語が用いられる。しかし数の上からは圧倒的に女性が多いため,西欧語でも〈魔女〉で両性を代表させることが行われ,以下の記述においてもこのような用法に従うことにしたい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

魔女
まじょ
witch 英語
Hexe ドイツ語
sorcière フランス語

超自然的な方法を用いて他人あるいは社会に害を及ぼすとされる女性。意図的に他人に災いを与える呪術(じゅじゅつ)、すなわち邪術を用いる女邪術師であり、こうした魔女は多くの社会に存在している。しかし一方で、狭い意味で、中世から近世ヨーロッパの女邪術師を魔女とよぶことも多い。箒(ほうき)にまたがって空中飛行したり、大釜(おおがま)で呪薬を調合したりといった魔女のイメージは、このヨーロッパの魔女像によるものである。

[上田紀行]

魔女と社会

「男の妖術(ようじゅつ)師1人に対して1万人もの女妖術師がいる」と歴史家ミシュレが述べているように、ヨーロッパにおいては邪術師の圧倒的多数は女性であったが、すべての社会でそうであるとはいえない。邪術師に男性が多いか女性が多いかは、その社会の社会構造や社会的規範などに関連している。たとえば南アメリカのチリのマプーチェ人の「カルク」とよばれる邪術師たちには女性が多いが、これは明らかに父系制、夫方居住制をとる親族組織と関係がある。すなわち、嫁は夫の親族集団のなかにありながら、その正式な成員であるとは認められず、よそ者であり、周辺的な存在であるが、こうした嫁の地位が、女が邪術師であるという観念に関連しているのである。アフリカのヤオ人やルアプラ人のように女系制で妻方居住制をとる社会で、男性が邪術師とされることが多いのは、その逆の例である。また、アフリカのヌペ人では女性の行商団の長が魔女団の長とされたり、インドのマイソール地方で金貸し女が多く魔女とされるのは、それらの社会で行商や金貸しが社会的規範に反する行為とされていることと関係がある。このように、社会の周辺に位置する女性、社会規範から逸脱する女性が魔女とされることが多くみられる。

[上田紀行]

ヨーロッパの魔女

今日一般的なヨーロッパの魔女像は次のようなものである。すなわち、彼女らは深夜、箒にまたがって魔女集会へ出かけ、そこで悪魔と性的関係をもつ。彼女らは悪魔との契約のもとに、まじない薬なども使用しながら社会に災悪をもたらす、等々。しかし、こうした魔女像はいわゆる「魔女狩り」の時代に成立した、キリスト教からの見方である。旧石器時代の洞窟(どうくつ)壁画にも描かれているように魔女の歴史はたいへん古いが、実際の彼女たちは占い師や女呪医として、呪薬などを用いながら病気治療に従事する女性であったと考えられている。そして、このような形而下(けいじか)の肉体を扱ってきた女性たちは、キリスト教の浸透とともに、その形而上的世界からの逸脱者とみなされ、魔女と名指されることで迫害されるに至ったのである。魔女は、社会から認知されることで魔女たりうるという意味で社会的な存在である。それゆえ、いかなる女性が魔女と名指されるかという状況から、われわれは魔女を生み出す社会について多くを知ることができる。

[上田紀行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ま‐じょ ‥ヂョ【魔女】
〘名〙
① 中世からルネサンス初期にかけてのヨーロッパで巫女(みこ)の役割をした女たち。呪文(じゅもん)や魔術をつかって悪霊を呼び出し、占いや予言、呪術を行なった。
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉二二「お伽話にある、魔女(マヂョ)に姿を変へられた人のやうな気がしてならないのである」
② 中世から近世にかけてヨーロッパの魔女裁判で被告とされた人々。悪魔との交際によって魔力を得てキリスト教世界の破壊を図るとされた。
③ 悪魔のような女。また、男の心をとらえて離さないあやしい魅力をもった女。
④ 普通の人にはない、特別にすぐれた能力をもつ女性。「東洋の魔女」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐にょ【魔女】
〘名〙 仏語。魔界に住む女。また、悪魔の娘。
※米沢本沙石集(1283)一〇末「上品は广王、中品は广民、下品は广女(マニョ)となりて」 〔法華経‐善賢菩薩勧発品〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔女」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魔女の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation