@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魔王【まおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

魔王
まおう
Der Erlkönig
1782年にゲーテが,デンマークの民間バラード『魔の娘』に基づいて書いたに作曲した歌曲シューベルトが 18歳のときの作品 (1815) が最も有名であるが,ほかに J.ライヒャルト (1794) や J.レーベ (1818) の作品が知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ま‐おう〔‐ワウ〕【魔王】
仏道修行や善事を行おうとする気持ちを妨げる天魔の王。欲界の第六天の王。
人に災いを与えたり、悪の道に陥れたりする魔物。
[補説]作品名別項。→魔王

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まおう【魔王】[作品名]
《原題、〈ドイツ〉Erlkönigゲーテの詩にシューベルトが作曲した歌曲。1815年作。嵐の中、父が子を抱いて家路を急ぐが、魔王に子の魂を奪いとられてしまう。
《原題、〈フランス〉Le Roi des aulnesトゥルニエの小説。1970年刊。同年のゴンクール賞を受賞。
塚本邦雄歌集。平成5年(1993)刊。第16回現代短歌大賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

まおう【魔王】
鹿児島の芋焼酎。「森伊蔵」「村尾」とともに芋焼酎の「3M」といわれ、焼酎ブームを牽引した銘柄。酒名は、天使を誘惑し、魔界への最高のお酒を調達する悪魔たちによって、もたらされた特別のお酒という意味で命名。日本酒に使用する黄麹を使用してしこむため、柑橘類のようなフルーティーな香りを持つ。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「白玉醸造」は明治37年(1904年)創業。ほかに芋焼酎「白玉の」、芋麦焼酎「元老院」、芋米焼酎「天誅」などの銘柄もある。所在地は肝属郡錦江町城元。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

魔王
韓国のテレビドラマ。2007年3月放映開始(全20話)。2008年には、日本で大野智演によるリメイク版が制作・放映されている(TBS系列)。出演は、オム・テウンチュ・ジフン、シン・ミナほか。復讐テーマとするサスペンス

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔王
鹿児島県、白玉醸造合名会社が製造する芋焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔王
日本のテレビドラマ。放映はTBS系列(2008年7月~9月)。全11回。同名の韓国ドラマ(2007年)のリメイク。脚本:前川洋一ほか。出演:大野智、生田斗真ほか。サスペンス。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔王
伊坂幸太郎の中編小説。2005年、続編にあたる「呼吸」とあわせて刊行。漫画化作品もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔王
オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの歌曲D328(1815?)。原題《Erlkönig》。ゲーテの原詩に基づく。『野ばら』とともに、シューベルト初期の傑作として知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まおう【魔王】
悪魔の王。
天魔の王。欲界第六天の主で、衆生しゆじようが仏道にはいるのを妨げる者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

魔王
まおう
Erlknig
シューベルトが1815年、18歳のときにゲーテの詩に作曲した通作歌曲(作品1、D328)。馬の疾走するさまを描くピアノ伴奏のうえに、わが子を抱いて馬を駆る父親、父にいたわられつつも恐怖におののく男の子、甘言をもって子供の魂を奪い去ろうとする魔王、そして語り手という四のことばが、声を使い分けて劇的に歌われる。子供の死という悲劇的な結末をもつこのバラードによった作品は数多いが、シューベルトのもの以外では、カール・レーベが1818年に作曲した歌曲がよく知られている。[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ま‐おう ‥ワウ【魔王】
[1] 〘名〙
① 天魔の王。欲界の頂にある第六他化自在天に住し、常に正法を害し衆生が仏道にはいるのを妨げる者。
※今昔(1120頃か)一「魔王の子有、名をば薩陁と云ふ」 〔首楞厳経‐六〕
② 転じて、人に災いを与えたり悪の道に誘い込んだりする魔物。また、人をののしっていう。悪魔。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)五「われにをとらぬ、いこくのまわうのやうなる、とのばらたちを、十人めしつれて」
③ 悪魔の王。
[2] シューベルトが、ゲーテの詩に作曲した連作歌曲の一つ。一八一五年作曲。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魔王の関連情報

関連キーワード

フェイト天明の飢饉モーツァルトフェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学蒸気機関

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation