@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魚問屋【うおどんや】

世界大百科事典 第2版

うおどんや【魚問屋】
魚問屋の発達はだいたい江戸時代以降のことであり,それも江戸初期においては,大坂・江戸の大都市や城下町などの消費地問屋に限られていたとみられる。それらの都市の成立魚介類に対する需要を増大させていったから,魚問屋やその集合体としての魚市場が生成してそれにこたえていくのは自然の勢いであろう。しかし当初は自然の勢いばかりではまにあわず,領主側で積極的に魚問屋を育成した場合が少なくなかった。江戸日本橋魚市場の開設が許されたのは慶長年間(1596‐1615)であるし,大坂はそれより早く豊臣秀吉の時代からの推移を経て雑喉場(ざこば)魚市場に定着するのは延宝年間(1673‐81)のことであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

魚問屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魚問屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation