@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魚市【うおいち】

世界大百科事典 第2版

うおいち【魚市】
魚介類を専門に取り扱う場。《玉葉》文治4年(1188)9月条にみられる〈魚市〉は淀魚市と思われ,鎌倉の初期すでにその成立をみて京都への魚介類販売を行っていた。最初は鮮魚を主としたが時代がくだるにしたがって,塩や腐敗のおそれの少ない塩合物の類を専門に取り扱うようになった。市場は専門的卸売商人である問丸によって運営され,その品物洛中六角魚市塩屋,また西岡付近の塩座に卸された。六角町の魚市では1333年(元弘3)ころ供御人(くごにん)10余人が魚商を営んでおり(《内蔵寮領目録》),1467‐80年(応仁1‐文明12)ころには上京今町にも鮮魚市場が営まれていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

さかないち【魚市】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うお‐いち うを‥【魚市】
〘名〙 魚類、塩合物などを売買する市。うおいちば。うおのいち。
※玉葉‐文治四年(1188)九月一五日「鳥羽南楼辺、并草津辺、依河水浅、不船、仍於魚市船」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「舟町の魚(ウヲ)市」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょ‐し【魚市】
〘名〙 うお市場。
※風俗画報‐一六八号(1898)人事門「好みのこしらへに念を入れ銭ばなれよきは、此魚市(ギョシ)の人なりと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さかな‐いち【魚市】
〘名〙 商人が海産物などを取引きする市。うおいち。
※俳諧・名物かのこ(1733)下「汗ひかり橋から飛や肴市〈沾霞〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さかな‐いち【魚市】
魚市場(うおいちば)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魚市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation