@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魚座【ウオザ】

デジタル大辞泉

うお‐ざ〔うを‐〕【魚座】
鎌倉・室町時代の魚商人の同業組合。
黄道十二星座の一。現在、春分点がある所。11月下旬の午後8時ごろ南中する。学名 〈ラテン〉Pisces

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

魚座
二区分は女性星座。三区分は柔軟星座。四区分水のエレメント。支配星は海王星。副支配星は木星。身体の象徴部位は足。慈善家。同情的。個人的な欲望から離れ、全体での一体化と魂の浄化を望む。直感、霊的能力の可能性。鋭い感受性。曖昧。思い込みによる無秩序や混乱愛情同情心が溢れすぎてかえって周囲が見えなくなることもある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うおざ【魚座】
中世における魚商人の同業組合。
11月下旬の宵に南中する黄道十二星座の一。現在、春分点はこの星座内にある。かつては黄道十二宮の双魚宮に相当。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うお‐ざ うを‥【魚座】
[1] 〘名〙
① 中世、市のなかに設けられた魚商人の販売座席。
② 中世での魚商人の同業組合。
※元亨二年備前国西大寺境内市場図紙背文書(1322)「魚座は一年三百文船艤別百文宛」
[2] 黄道十二星座の第十二番目。歳差のため、現在の春分点はこの星座にあり、春分のとき太陽はこの星座に位置を占める。この星座の発見は古く、バビロンの古記録にも出ている。ギリシア神話で、アフロディテが怪物チュフォンに追われたとき変身した魚に見たてる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魚座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation