@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魚類中毒【ぎょるいちゅうどく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

魚類中毒
ぎょるいちゅうどく
fish poisoning
魚肉による食中毒で,魚肉の汚染による場合と,毒魚による場合がある。魚肉汚染の場合は,腐敗菌腸炎ビブリオによることが多い。嘔吐,筋力低下,けいれん麻痺腹痛下痢などの症状が出る。胃洗浄または催吐を行い,さらに下剤を用いて体外にすみやかに排出させる。気道を確保し,けいれんに対しては抗けいれん剤を投与する。毒魚で最も危険なのはフグである。フグの卵巣肝臓,腸などにはテトロドトキシンという猛毒がある。この中毒では,食後 30分から5時間以内に口,舌,足のしびれ,神経麻痺を起し,重症では,8時間以内に 30~60%が死亡する。そのほか,ヒラアジは採取場所によって神経毒を有する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚類中毒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魚類中毒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation