@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

魚類時代【ぎょるいじだい】

世界大百科事典 第2版

ぎょるいじだい【魚類時代】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

魚類時代
ぎょるいじだい

地質時代において多くの魚類が出現した時代。古生代デボン紀をさしていう。カンブリア紀後期から現れ始めた魚類はデボン紀になると爆発的な進化を遂げ、魚類のおもな分類群(綱)がすべて出現した。それで、この時代は魚類時代とよばれる。デボン紀における重要なできごとは、外骨格をもつ無顎(むがく)類の繁栄と絶滅、棘魚(きょくぎょ)類の繁栄と衰退、板皮(ばんぴ)類のコッコステウス類(節頸(せっけい)類)の発展と絶滅、そして、中期の硬骨魚類の発展である。スコットランドのほか、カナダのスコウメナック湾、ノルウェーのスピッツベルゲン、中国などの魚類化石がよく知られている。

[籔本美孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょるい‐じだい【魚類時代】
〘名〙 動物による時代区分の一つ。古生代のデボン紀をさす。カッチュウギョ類、ハイギョ類などが繁栄した時代で脊椎動物出現の先駆をなす。両生類時代がそれに続く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚類時代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魚類時代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation