@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



Lu
中国,代の諸侯国の一つ (前 1055~249) で,山東省曲阜した。周の武王周公旦が封じられたのに始るが,任地の曲阜におもむいて魯侯となったのは,その子の伯禽 (はくきん) で,その地の統治には多くの労苦があったという。以後 34代 800年あまり続いたが,初期の状況については伝説的要素がほとんどであり,不明な点が多い。春秋時代の 14代隠公から 25代哀公までのことは孔子が編集したという『春秋』やその注釈書の『左伝』に詳しい。国内では春秋時代初期の桓公の子の三桓氏が代々交互に権力を握り,君主の廃立さえ行い,前6世紀後半の昭公は三桓氏に敗れて国外に逃亡し,帰国できないまま亡くなったという例もある。対外的には,楚の3強国の勢力にまったく左右されていた。戦国時代にはますます弱小国になり,最後の頃公 (けいこう) が頃公 25 (前 249) 年に楚の考烈に滅ぼされた。周王の権力が低下した春秋時代に周の文化や制度を保持し続けた国として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろ【魯】
中国、春秋時代列国の一。武王の弟、周公旦が曲阜(きょく)(山東省)に封ぜられたのに始まる。春秋時代、大国の間にあって国勢は振るわなかったが、周の文化を最もよく伝えた。前249年、に滅ぼされた。孔子の生国。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ【魯】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ロ(漢)
間が抜けている。「魯鈍
古代中国の列国の一。「魯論
[難読]普魯西(プロシア)魯西亜(ロシア)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろ【魯 Lǔ】
中国,古代の侯国。?‐前249年。周武王の弟で,周王朝創設の大功臣周公旦を始祖とする。山東省曲阜(きよくふ)に都をおく。春秋時代には12の有力諸侯の一つにかぞえられていたが,斉,晋,楚などの圧迫を受け,国内的には第15代桓公から出た孟孫,叔孫,季孫の3氏が政治を壟断(ろうだん),軍制,租税徴収なども掌握し,公室は衰え,戦国時代には小国に転落,前249年楚に滅ぼされた。春秋末の孔子はこの国の人であるが,彼が編したといわれる《春秋》によって,各諸侯国中,歴代君侯の在位年数が伝えられる唯一の国で,古代史構成上重要な国である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろ【魯】
中国、周代の諸侯国の一。紀元前一一世紀に周の武王が弟の周公旦たんに与えた領地。都は山東省の曲阜きよくふ。春秋時代から国勢は振るわなかったが周の文化を最もよく伝え、孔子を生んだ。前249年楚に滅ぼされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


中国、周代の諸侯国の一つ。姫姓。周の武王の弟で、周王朝創建の大功臣である周公旦(しゅうこうたん)が曲阜(きょくふ)(山東省曲阜県)周辺の地に封ぜられたのに始まる。ただし、周公旦は都にとどまって周王を補佐し、長子の伯禽(はくきん)が封地に赴いた。その地はもと東夷(とうい)の地であり、最初は統治に苦心したといわれる。春秋時代には、斉(せい)、晋(しん)、楚(そ)などの強国の圧迫を受けて国は振るわず、とくに、その後期になると、その君主であった桓(かん)公の子孫の孟孫(もうそん)氏、叔孫(しゅくそん)氏、季孫(きそん)氏のいわゆる三桓氏が国の実権を握って公室を三分し、ついには季孫氏の臣下の陽虎(ようこ)に実権を奪われるありさまであった。その後、孔子が君権の回復を図ったが失敗し、戦国時代には国はますます衰え、紀元前249年、楚に滅ぼされた。春秋時代、周の王室が衰えて以後、魯は周の文化をもっともよく伝える国であった。そのような国に生まれた孔子は、周公の理想政治を回復しようとして果たせなかったが、その政治思想は諸国に散らばった弟子によって伝えられ、後世中国の歴史に絶大な影響を与えた。[江村治樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろ【魯】
[一] 中国、周代の侯国。前一一世紀ごろ成立。始祖は周の武王の弟周公旦。都城は曲阜。建国以来、内紛が多く、国勢はふるわなかったが、周の伝統文化を伝えた。前二四九年、楚に滅ぼされた。孔子の生国で、儒家の中心地。
[二] 「ロシア」のあて字「魯西亜」の略。
※匏菴十種(1869)〈栗本鋤雲〉鉛筆紀聞「英に商多く魯に工多く仏に農多し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


?〜前249
周代に山東省にあった国
前12世紀に周の武王の弟である周公旦 (しゆうこうたん) が建国し,曲阜 (きよくふ) を都とした。大国の間にはさまれて国勢は奮わなかったが,周の礼教文化を最もよく伝えた国として誇りをもち,孔子はこの国に生まれた。34代続いたが,前249年楚 (そ) の孝烈 (こうれつ) 王に滅ぼされた。その歴史は『春秋』に見られる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魯の関連情報

関連キーワード

ビクトル2世アラビア文学ブワイフ朝おからリサイクル事業脊振山義天背振山堤中納言物語源俊頼荘園整理

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation