@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鮎・年魚・香魚【あゆ】

精選版 日本国語大辞典

あゆ【鮎・年魚・香魚】
〘名〙 アユ科の淡水魚。北海道南部以南の河川にすみ、美味で、古来より、食用として珍重されている。体は細長く、二〇~三〇センチメートルに達する。背面は緑褐色で腹面は白い。背鰭(せびれ)の後方に小さな脂鰭(あぶらびれ)があり、鰓蓋(えらぶた)の後方に黄色斑がある。うろこはきわめて小さい。秋、川を下って中流域の砂利底に卵を産む。稚魚はいったん海へ下り、早春に全長四~七センチメートルに成長して再び川をさかのぼる。ふつう寿命は一年で、海中ではプランクトンを、川へ入ってからは主として付着藻類を食べる。鵜飼い、友釣り、どぶ釣りなど、日本独特の漁法がある。あい。《季・夏》
※書紀(720)天智一〇年一二月・歌謡「み吉野の 吉野(えしの)の阿喩(アユ)
※万葉(8C後)五・八五五「松浦川川の瀬光り阿由(アユ)釣ると立たせる妹が裳の裾ぬれぬ」
[語誌](1)「年魚」の字は、一年で生を終えることによる。また、「鮎」は、神功皇后がこの魚を釣って征韓の勝敗を占ったこと(書紀・肥前風土記など)から、占と魚とを合わせた国字(中国では「鮎」はナマズの意)。
(2)「万葉集」では、初夏の景物として若鮎(わかゆ)・年魚子(あゆこ)が好んで歌われた。奈良県の吉野川は古代の名産地。肥前(佐賀県)松浦(まつら)の鮎は、(1)の神功皇后の伝説と結びつくことで知られる。諸国の風土記や延喜式の記事から産地は全国に広くおよんでいたことがわかる。調理保存の方法もさまざまであった。
(3)秋冬の稚魚は氷魚(ひお)と呼ばれ、俳諧の季語としても好んで用いられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮎・年魚・香魚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鮎・年魚・香魚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation