@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【マグロ】

デジタル大辞泉

まぐろ【×鮪】
スズキ目サバ科マグロ属の海水魚の総称。クロマグロキハダメバチビンナガなど。体は大形で紡錘形をし、背面青黒色、腹面は銀白色外洋を回遊し、体側の赤色筋血合(ちあい))が発達している。刺身鮨種(すしだね)などにする。 冬》
性交のときに自らは体を動かさず、ただ寝転がっている相手。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しび【×鮪】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しび【鮪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しび【鮪】
マグロの異名。
クロマグロの成魚で、大形のものの異名。 → めじ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まぐろ【鮪】
スズキ目サバ科マグロ属の海魚の総称。全長約1~3メートル。体はいずれも紡錘形で、大形の回遊魚。日本の近海には、クロマグロ・メバチ・キハダ・ビンナガ・コシナガの五種がいて、ミナミマグロ・タイセイヨウマグロは遠洋で漁獲されるが、一部は資源管理が問題となっている。肉は美味なものが多い。世界の温帯・熱帯海域に広く分布。 [季] 冬。 古くは、シビと呼んだ
特に、クロマグロのこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鮪 (マグロ)
動物。サバ科のマグロ属の魚類総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しび【鮪】
〘名〙 魚「まぐろ(鮪)」の異名
※古事記(712)下・歌謡「大魚よし 斯毘(シビ)突く海人よ 其が離(あ)れば うら恋しけむ 志毘(シビ)突く志毘」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はつ【鮪】
〘名〙 魚「まぐろ(鮪)」の異名。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐ぐろ【鮪】
〘名〙
① 魚「くろまぐろ(黒鮪)」の異名。《・冬》 〔本朝食鑑(1697)〕
※俳諧・続一夜松前集(1785)「月はれてまた傘の雨そそぎ〈完来〉 魚馬(マグロ)うち込秋汐の岸〈執筆〉」
② サバ科マグロ属に属する海魚の総称。クロマグロ、キハダマグロ、メバチマグロ、ビンナガマグロなど。
③ 轢死(れきし)体をいう俗語。〔現代語大辞典(1932)〕
④ ごろりとした大きなもの、反応の鈍いものをいう。→まぐろを抱いて寝たよう
[語誌](1)「古事記‐下・歌謡」や「万葉‐四二一八」には「鮪(しび)突く」とあり、古代から銛(もり)で突く漁が行なわれていたらしい。また「万葉‐九三八」の「鮪(しび)釣ると 海人船騒き」からは、鮪釣りも行なわれていたことがうかがわれる。
(2)今日のような食用魚としての地位を確立したのは、近世後期の二度の大豊漁を経てからである。一度目の文化七~八年(一八一〇‐一一)の冬は、醤油に漬け込んだ「づけ」として、二度目の天保三年(一八三二)には、生のままで、すし種として広まった。
(3)「とろ」が一般的に食べられるようになったのは昭和になってからで、元来「あら」に過ぎない安価な「とろ」を、東京に集まった地方の学生が賞味したことから始まったらしい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鮪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation