@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【さめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


さめ
青森県南東部,八戸市の一地区。旧村名で,1929年八戸に合併。北海道南東海域から三陸沖にわたる広大な漁場控え漁業の根拠地として漁船出入りが激しい。大規模な魚市場冷凍工場がある。ウミネコの島として有名な蕪島がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さめ【×鮫】
サメ目の軟骨魚の総称。体は細長く、背びれは通常2基あり、尾びれは上葉が長い。口は頭の下面にあり、えらあなは体側に5~7対並ぶ。歯は常に新しいものが生えかわる。動物食。卵胎生が多いが、卵生胎生のものもある。大半は海産で、現生種は250種、日本近海にいるのはウバザメオナガザメツノザメノコギリザメなど150種。肉は練り製品の原料に、ひれは中華料理に用いられる。ふか。わに。 冬》「ふなびとら―など雪にかき下ろす/楸邨
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さめ【鮫】[書名]
金子光晴。また、それを標題作とする詩集。詩集は昭和12年(1937)に発表で、他に「おつとせい」「どぶ」などの詩を収める。当時の日本の全体主義的社会を鋭く批判した作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

真継伸彦の小説。1963年、第2回文藝賞中・短編部門佳作受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さめ【鮫】
金子光晴の詩集。1937年人民社刊。〈おつとせい〉〈〉〈〉〈どぶ〉〈灯台〉〈〉〈鮫〉の7編を収録。1928年から5年間,光晴は,東南アジアを経てヨーロッパまで放浪旅行し,植民地の犠牲のもとに繁栄する西欧実態を見,それに追随しようとする日本のあせり,軍国主義の圧政を見た。そこで,詩集《こがね虫》(1923)の耽美とは一転して,戦争へと傾斜する暗い現実を批判的にえぐり出そうとした。〈おつとせい〉で,内部と外部の世界を同時的に把握し,自己の位置を明確にしながら,〈灯台〉で天皇制権力機構を,〈鮫〉で世界の帝国主義国を象徴的方法であばいている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さめ【鮫】
軟骨魚類のネコザメ目・カグラザメ目・ネズミザメ目・ツノザメ目などの総称。骨格は軟骨性で、体側に五~七対の鰓孔えらあながあり、口は腹面にある。性質が荒いメジロザメ・ホオジロザメ・シュモクザメなどのほか、全長20メートルに達するジンベイザメから、20センチメートルのツラナガコビトザメまで、世界に約250種、日本近海に約100種がいる。多くは熱帯から温帯の海域に分布。 古くからワニともいい、関西地方ではフカともいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鮫 (サメ)
動物。軟骨魚綱,板鰓亜綱に属する,エイ目を除く魚類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さめ【鮫】
[1] 〘名〙
① 軟骨魚綱のうち、エイ類を除いたものの総称。体形は紡錘形または延長形で、骨格は軟骨からなる。体表は歯とよく似た構造をもつ皮歯または楯鱗(じゅんりん)と呼ばれるうろこでおおわれ、ざらざらするものが多い。一般に吻(ふん)はとがり、口は体の下面に開き、歯が鋭い。鰓孔(さいこう)は体側に五~七対ある。大きさは全長約二〇センチメートルのツラナガコビトザメから一八メートルに達するジンベイザメまで種類によって異なり、大形種をフカと呼ぶこともある。体内受精で、卵生、卵胎生、胎生などがある。一部の種は凶暴で、ホオジロザメなど人を襲うものもある。臀びれの有無や鰓孔の数、歯の形態などによって分類される。暖・熱帯の海洋に多く分布。ふつう肉はかまぼこの材料に、ひれは乾燥して中華料理の材料に、皮は研磨用のやすりなどに利用。《季・冬》
※出雲風土記(733)嶋根「凡て北の海に捕るところの雑(くさぐさ)の物は、志毗、(ふぐ)、沙魚(サめ)、烏賊」
② 「さめがわ(鮫皮)」の略。
※太平記(14C後)三三「只今為立てたる鎧一縮に、鮫(サメ)懸けたる白太刀」
③ 「さめはだ(鮫肌)」の略。
※雑俳・軽口頓作(1709)「うれにくい・またもどったがさめかいの」
[2] 詩集。七編。金子光晴作。昭和一二年(一九三七)刊。日中戦争前後の日本の軍国主義的弾圧の中で、国家権力に対する抵抗精神を高度の象徴的手法によって示した詩集。
[語誌]生命力が強く、凶暴な性質が畏怖されるところから、古来、霊的な存在と認められてきた。上代の文献に見えるワニは多く鮫を指したといわれる。現代日本語でも、方言で鮫をワニと称する地域(島根県・兵庫県但馬)がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鮫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation