@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鮸・鰾膠・鮸膠【にべ】

精選版 日本国語大辞典

にべ【鮸・鰾膠・鮸膠】
〘名〙
[一] (鮸) スズキ目ニベ科の海産魚。全長約八〇センチメートルに達する。体色は灰色で、体側にうろこの列にそった淡黒色の点列がある。よく発達したうきぶくろをもち、その付随筋で音をたてるところから鳴く魚として知られる。東北地方沿岸から東シナ海にかけて分布。旬は冬で、刺身・塩焼き・かまぼこの材料とする。にべうお。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
[二] (鰾膠・鮸膠)
① (一)のうきぶくろから製する膠(にかわ)。鯉、鰻(うなぎ)、鮫(さめ)などのうきぶくろからも製する。粘着力が強い。工業用・薬用・食用。にべにかわ。〔名語記(1275)〕
② 愛敬。愛想。→にべない
※咄本・私可多咄(1671)「それかしは物いひあしく、はなしににべかないと」
③ 植物「のりうつぎ(糊空木)」の異名。《季・夏》 〔日本植物名彙(1884)〕
④ 植物「にれ(楡)」の異名。
※雑俳・鳥おどし(1701)「あけて置き、べべが鼻筋通す楡(ニベ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮸・鰾膠・鮸膠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鮸・鰾膠・鮸膠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation