@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【コイ】

デジタル大辞泉

こい〔こひ〕【×鯉】
コイ目コイ科の淡水魚。全長約60センチ。体は長い筒形で背から腹へかけての幅が広く、長短二対の口ひげがある。野生種は、背部が蒼褐色、側面から腹部が黄褐色で光沢がある。平野部の河川・湖沼にすむ。食用・観賞用に広く飼養され、ドイツゴイニシキゴイヒゴイなど多くの品種がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

り【鯉】[漢字項目]
人名用漢字] [音]リ(呉)(漢) []こい
〈リ〉魚の名。コイ。「鯉魚養鯉
〈こい(ごい)〉「鯉幟(こいのぼり)緋鯉(ひごい)真鯉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こい【鯉】
コイ目コイ科コイ属の淡水魚。普通は全長60センチメートルぐらいになり、二対の口ひげがある。野生種はノゴイともいい、体高が低くてほぼ円筒形で体色は黒褐色。飼育品種はヤマトゴイ・ドイツゴイ・ニシキゴイなどがあり、一般に体高がやや高くて側扁し、色彩や鱗うろこに変化がある。日本では古くから食用とされ、観賞用の品種も多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鯉 (コイ)
学名:Cyprinus carpio
動物。コイ科の淡水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こい こひ【鯉】
〘名〙
① コイ科の淡水魚。ふつう全長六〇センチメートルくらいになる。一般に体はやや側扁する。フナに似ているが体は大きくなり、上あごに二対のひげがある。うろこは円鱗で、側線を形成するうろこの数が三六枚前後あることから六六魚(りくりくぎょ)ともいう。野生種は暗灰色だが、人工飼育によってヒゴイ、ニシキゴイ、ドイツゴイなど体色の変化や鱗の著しく少ないものなど飼育品種がつくられた。原産地はアジアの温帯地域一帯およびヨーロッパの一部と考えられているが、アメリカその他に移殖され、現在では世界の温帯に広く分布。食用または観賞用に養殖もされ、日本では特に珍重される。〔常陸風土記(717‐724頃)〕
鯉幟(こいのぼり)の鯉をいう。
雑俳・川傍柳(1780‐83)一「鯉をおろして蒼朮(そうじゅつ)をたいて居る」
③ (②から転じて) 男の子の異称。
※雑俳・柳多留‐六六(1814)「鯉を産だで兄様は滝登」
④ (①の形を刻んであるところから) 寺院で食事などの時に叩いて一山の僧に知らせる魚板(ぎょばん)
※雑俳・柳多留‐四六(1808)「おまんまに鯉くらわせる興福寺」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鯉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation