@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鯨取【イサナトリ】

デジタル大辞泉

いさな‐とり【鯨取/魚取】
[名]クジラを捕ること。捕鯨。 冬》
「為(す)ることは異(かわ)らぬ―ながら」〈露伴・いさなとり〉
[枕]クジラを捕る意から、「海」「浜」「灘(なだ)」にかかる。一説に「いそな(磯魚)とり」の音変化とも。
「―海辺をさして」〈・一三一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くじら‐とり くぢら‥【鯨取】
〘名〙
① 鯨を捕えること。捕鯨。くじらりょう。また、それを業とする人。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉一〇「旧(もと)鯨漁師(クヂラトリ)であったことが知れても悪い訳は無いが」
② 子どもの遊戯の一種。全体を紅白の二組に分け、各組から一人ずつを出して鯨とし、その他の者は手をつないで横隊になり、各組が相手の鯨を囲んだ方を勝ちとする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯨取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鯨取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation