@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鯨鬚【クジラヒゲ】

デジタル大辞泉

くじら‐ひげ〔くぢら‐〕【鯨×鬚】
ヒゲクジラ類の上あごから生えている(くし)の歯状の角質の板。口にふくんだ水からオキアミ小魚などをこし分ける働きをする。工芸品の材料にした。ひげ板。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くじらひげ【鯨鬚】
ヒゲクジラ類の上あごから櫛くしの歯のようにたれ下がった角質板。プランクトンや小魚と水とをこし分ける役をする。工芸品の材料。筬おさ。げいす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げいす【鯨鬚】
くじらひげ鯨鬚

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くじら‐ひげ くぢら‥【鯨鬚】
〘名〙 シロナガスクジラやセミクジラなどのヒゲクジラ類のうわあごから櫛(くし)の歯のように多数たれ下がっている角質板。水と食物とをこしわけるのに用いる。長さ、大きさ、色、枚数は分類上の特徴となる。種々の工業用品として加工され、また、工芸品の材料になる。おさ。ひれ。鯨。
※随筆・安斎随筆(1783頃)七「吾が国上古には、笏にても何にても、鯨の鬚にて器を制する事なし。後代近世に至りて、鯨鬚を以てする事あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げい‐す【鯨鬚】
〘名〙 ヒゲクジラの口中に列をなして生えている長三角形の板状のもの。縁が刷毛(はけ)状になっていて、オキアミなどの食物を海水から濾す役目をする。細工物の材料となる。くじらひげ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鯨鬚
げいしゅ
くじらひげ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯨鬚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鯨鬚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation