@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鰹木【カツオギ】

デジタル大辞泉

かつお‐ぎ〔かつを‐〕【×鰹木】
神社・宮殿の、棟木の上に直角に並べた装飾の木。断面は円・角・五角形など。形がかつお節に似ているところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鰹木
かつおぎ

神社本殿の棟に置かれる棟飾り。棟と直交して円筒形の材を等間隔に並べる。家形埴輪(はにわ)に鰹木のあるものがみられるように、古墳時代にすでに棟飾りとして用いられていたことが知られる。『古事記』には、志貴県主(しきあがたぬし)の住居に鰹木がのっているのを雄略(ゆうりゃく)天皇がみつけ、天皇の宮殿に似ていると激怒したことが記されている。鰹木を飾ることは首長の住まいを象徴するものであったろうし、神の住まいである本殿にこの棟飾りを用いるのも、象徴的な表れと解される。

[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつお‐ぎ かつを‥【鰹木】
〘名〙
① 宮殿または神社の棟木(むなぎ)の上に、これと直角に並べた装飾の木。中ぶくれの円筒形で鰹節(かつおぶし)の形に似ているところからいう。
※春日社記録‐文永元年(1264)八月一〇日「千木・鰹木在之」
② 鰹節のこと。
※浄瑠璃・新版歌祭文(お染久松)(1780)座摩社「どこぞそこらへ藪入さんせと。はづすは猫の鰹(カツホ)木の気を通り札鼠木戸」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鰹木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鰹木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation