@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鱗文【ウロコモン】

デジタル大辞泉

うろこ‐もん【×鱗文】
二等辺三角形や正三角形を上下左右につないである文様

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うろこもん【鱗文】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鱗文
うろこもん

二等辺三角形を上下左右につなぎながら展開していった文様。二等辺三角形を左右の方向、つまり帯状に並列したものを鋸歯文(きょしもん)、ないし山形文とよんで鱗文と区別することもある。この文様の歴史は古く、埴輪(はにわ)や古墳の壁面に朱や青の彩色を加えて表されていることが多い。そのためこの文様を原始信仰のシンボルとみる説もある。しかし、奈良時代から鎌倉時代にかけては衰微し、わずかに庶民の衣服の模様として絵巻に散見するだけである。室町時代に入ると、明(みん)から舶来した名物裂(めいぶつぎれ)のなかにこの文様を使った針屋、井筒屋、権太夫(ごんだゆう)といった裂があり、ふたたび文様史の上層部に浮かび上がってくる。その結果として、武家の陣羽織や能装束にまで取り上げられるようになり、とくに能装束では、金銀の摺箔(すりはく)で表された鱗箔が、蛇体を表す女役の衣装の模様として有名である。

村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鱗文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鱗文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation