@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鱗片【リンペン】

デジタル大辞泉

りん‐ぺん【×鱗片】
うろこの一片。また、うろこ状のものの細片。
生物の体表面にある、うろこ状の構造物。鱗粉(りんぷん)鱗片葉(りんぺんよう)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りんぺん【鱗片 scale】
昆虫,とくに鱗翅(りんし)目(チョウ,ガ)の体表やの表面を覆う微小で扁平なうろこ状構造物をいう。発生学的には剛毛と同じように,表皮の生鱗細胞がまず体表に突出したのち小さい袋状となり,細胞が退化するにつれて扁平なうろこ状になる一方血液によって運ばれた色素粒が内部に満たされる。形状はいろいろで,鱗片の柄部は翅膜面にあるソケットに差し込まれて,屋根瓦状に配置されている。鱗片表面には細い縦・横しま模様の彫刻があって,それによって光沢のある色彩となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りん‐ぺん【鱗片】
〘名〙
① うろこの一片。うろこのかけら。また、うろこ状をした細片。
※球根(1921)〈寺田寅彦〉「百合のやうな鱗片から成った球根ではあったが」
② 生物体の体表面にあるうろこ状の構造物の総称。次の四項に大別される。
(1)うろこ状の薄い付属物、葉の退化したもの、表皮のもりあがったものなど。
(2)鱗片葉のこと。
(3)鱗翅目の鱗粉のこと。
(4)多毛虫のウロコムシの体背面に左右に二列にならぶ扁平板など。〔植学訳筌(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鱗片」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鱗片の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation