@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鱗雲母【うろこうんも】

世界大百科事典 第2版

うろこうんも【鱗雲母】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鱗雲母
りんうんも
lepidolite

紅(べに)雲母あるいはリチア雲母ともいう。リチウムを主成分とする雲母の一種で、トリリシオ雲母とポリリシオ雲母のつくる固溶体をいう。六角板状の結晶をすることもあるが、普通、非常に細かい鱗片状の結晶の集合として淡紫色の大きな塊で産する。花崗(かこう)岩質ペグマタイトに、石英、リチア電気石、リチア輝石、モンブラ石、錫(すず)石、ハフニウムを含むジルコン、鉄タンタル石などと産し、リチウムの原料として採掘されることがある。日本では、福岡市長垂(ながたれ)(トリリシオ雲母とポリリシオ雲母の両方がある)、茨城県常陸太田(ひたちおおた)市妙見山(トリリシオ雲母)が主産地であるが、多量にはなく、工業用のものはすべて輸入されている。世界的な大産地は、ジンバブエ、ナミビア、アメリカ合衆国、ブラジル、オーストラリア、マダガスカルなどに知られる。英名は鱗(うろこ)を意味するギリシア語に由来。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鱗雲母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鱗雲母の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation