@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鱧の皮【ハモノカワ】

デジタル大辞泉

はものかわ〔はものかは〕【鱧の皮】
上司小剣短編小説。大正3年(1914)、「ホトトギスに発表。大阪道頓堀にある鰻屋女将(おかみ)のとある一日を描き、高い評価を得た。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はも【鱧】 の 皮(かわ)
鱧の肉をかまぼこなどにした後に残った皮。多く、関西で七月頃に、細かく刻んで梅肉酢で、あるいは、胡瓜もみなどと合わせたりして食する。はもかわ。《季・夏》 〔会席料理細工庖丁(1806)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鱧の皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鱧の皮の関連情報

関連キーワード

常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)アルバート プホルスシキミ酸国連教育科学文化機関

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation