@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥取藩【とっとりはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鳥取藩
とっとりはん
因州ともいう。江戸時代,因幡国 (鳥取県) 鳥取地方を領有した藩。慶長5 (1600) 年関ヶ原の戦いののち宮部氏5万石に代って池田長吉 (ながよし) が6万石で入封。元和3 (17) 年長幸 (ながゆき) のとき備中 (岡山県) 松山へ移封し,代って池田光政播磨 (兵庫県) 姫路から 32万石で入封,寛永9 (32) 年に同族備前 (岡山県) 岡山の池田光仲と交代した。貞享2 (85) 年4代綱清のとき弟仲澄に新墾田2万 5000石を分与 (同国鹿野藩) し,元禄 13 (1700) 年5代吉泰のとき清定に新墾田1万 5000石 (同国若桜〈わかさ〉藩) ,仲澄に 5000石 (鹿野藩) を分与して 32万 5000石となり,15代慶徳 (よしのり) のとき廃藩置県となった。外様,江戸城大広間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鳥取藩
因幡国、鳥取(現:鳥取県鳥取市)を本拠地とし、因幡、伯耆(ほうき)の2国を領有した外様藩。藩主は池田氏。鳥取城(久松山城)は国の史跡に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

とっとりはん【鳥取藩】
江戸時代因幡(いなば)国邑美(おうみ)郡鳥取(現、鳥取県鳥取市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は尚徳館(しょうとくかん)。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで西軍についた宮部氏に代わって、池田信輝(のぶてる)の3男長吉(ながよし)が6万石で入封(にゅうほう)して立藩。17年(元和(げんな)3)には、姫路藩主の池田光政(みつまさ)が因幡国、伯耆(ほうき)国の2国32万石を与えられて入封した。32年(寛永(かんえい)9)に岡山藩主の池田忠雄(ただかつ)が死去すると、光政が岡山に入り、忠雄の子で3歳の光仲(みつなか)が鳥取藩へ移封された。以後明治維新まで、光仲の分家筋が山陰随一の大藩である鳥取藩を12代にわたって治めた。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に属し、明治初年には新田開発により内高(うちだか)(実際の石高)は41万7000石に達した。1871年(明治4)の廃藩置県で鳥取県となり、76年島根県に一時合併されたが、81年に鳥取県として再置された。◇因州(いんしゅう)藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とっとりはん【鳥取藩】
因幡国鳥取(久松山)城主支配下の藩。1581年(天正9)再度の鳥取城攻略により,因幡国の大半を支配下に収めた羽柴(豊臣)秀吉は,織田信長の死後みずからの部将宮部継潤を鳥取城主とし,上美(うわみ)(邑美),法美,八上,高草の4郡,4万3000余石を支配させた。宮部氏は2代長熙まで在城したが,実質的には秀吉の国内統一戦争などに従うことが多く,領内統治について知られることは少ない。ただ垣屋光成・恒総父子支配下の浦富藩領の巨濃(この)郡銀山から産出する銀を直接管理したようで,1598年(慶長3)長熙(兵部法印)の名で伏見の秀吉のもとに運上9282枚3両6分2厘を送っている(慶長三年蔵納目録)ことが知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳥取藩
とっとりはん

因州(いんしゅう)藩ともいう。江戸時代、因幡(いなば)・伯耆(ほうき)両国32万石を領有した外様(とざま)の大藩。関ヶ原の戦いに因・伯の大名はほとんど西軍に属して除封され、かわって因幡に池田長吉(ながよし)、山崎家盛(いえもり)、亀井茲矩(これのり)、伯耆に中村忠一(ただかず)が配された。1617年(元和3)播磨(はりま)姫路城主池田光政(みつまさ)が因・伯両国32万石に移され鳥取城に入った。1632年(寛永9)備前(びぜん)岡山城主池田忠雄(ただかつ)が死去、3歳の光仲が家を継ぐが、幕府は光仲と光政の国替を命じ、光仲が鳥取城に入った。以来12代にわたって光仲系池田氏が因・伯を領有し明治維新に及ぶのが鳥取藩である。藩政は光仲によって確立され、その子仲澄(なかずみ)・清定(きよさだ)は、それぞれ1685年(貞享2)、1702年(元禄15)に新田高をもって分知分家され、東館(ひがしやかた)・西館(にしやかた)と称した。1698年(元禄11)徴租法を改革して請免(うけめん)制を施行したが、1739年の「元文(げんぶん)四年一揆(いっき)」(因伯(いんぱく)一揆)は藩内外に重大な影響を与えた。宝暦(ほうれき)の藩政改革は、請免制の立て直し、藩校尚徳館(しょうとくかん)の創設、殖産商工政策にも及ぶ。殖産政策は1765年(明和2)蝋(ろう)座の設置以来本格化した。国産品としてはこのほか鉄と綿、木綿が注目される。5代重寛(しげのぶ)、6代治道(はるみち)の時代は文化の高揚期であった。幕末には相次いで藩主が交代し藩政は不安定であった。1850年(嘉永3)水戸の徳川斉昭(なりあき)の五男慶徳(よしのり)を12代藩主に迎えて藩政改革を実施する。激動期に藩論の統一に苦労しつつ明治維新を迎えた。廃藩後、鳥取県となり、一時島根県に合併されたが、1881年(明治14)鳥取県が再置された。

[福井淳人]

『池田家編纂所編『鳥取藩史』全6巻(1969~71・鳥取県)』『『鳥取県史』全18巻(1969~82・鳥取県)』『山中寿夫著『鳥取県の歴史』(1970・山川出版社)』『徳永職男他著『ふるさとの歴史・江戸時代の因伯』上下(1978、80・新日本海新聞社)』『河手龍海著「因州藩鳥取池田家の成立」(『郷土シリーズ 17』1980・鳥取市社会教育事業団)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥取藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥取藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation