@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥居本【とりいもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鳥居本
とりいもと
滋賀県中東部,彦根市北部の地区。旧村名。 1952年彦根市に編入。かつて中山道宿場町で,北陸街道と中山道の分岐点合羽 (かっぱ) と薬の特産地であった。現在も古い町並みが残る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とりいもと【鳥居本】
近江国(滋賀県)坂田郡中山道の江戸時代の宿駅。古代の鳥籠駅,中世の小野駅の近くにあたる。もと南方にある多賀大社(または日撫神社)の鳥居があったので,鳥居本の名がついたという(《木曾路名所図会》《近江輿地志略》)。中山道第63の宿駅がおかれ,朝鮮人街道ならびに北国街道の分岐点にあたっていた。1843年(天保14)当時の宿場の町並み10町,人口1448人,家数293軒を数え,本陣1軒,脇本陣2軒,旅籠35軒があった(《宿村大概帳》)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳥居本
とりいもと

滋賀県中東部、彦根市(ひこねし)の一地区。旧鳥居本村。中山道(なかせんどう)、北陸街道、朝鮮人街道の分岐点に位置し、宿場町として栄えた。また、油紙製の合羽(かっぱ)や薬の赤玉神教丸(あかだましんきょうがん)製造でも知られた。国道8号が通じ、近江(おうみ)鉄道本線鳥居本駅がある。

[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

鳥居本
(滋賀県彦根市)
中山道六十九次指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とりいもと とりゐもと【鳥居本】
滋賀県彦根市の地名。江戸時代、中山道の番場と高宮の間にあった宿駅。江戸初期に小野から移された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とりいもと〔とりゐもと〕【鳥居本】
滋賀県彦根市北部の地名。もと中山道の宿場町。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥居本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥居本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation