@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥居清忠(初代)【とりい きよただ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

鳥居清忠(初代) とりい-きよただ
?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
鳥居派宗家初代鳥居清信(きよのぶ)の門人といわれる。江戸両国にすみ,享保(きょうほう)-寛延(1716-51)のころに作画していた。作品に西洋画遠近法をとりいれた浮絵「市村座図」「吉原大門之図」などがある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥居清忠(初代)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥居清忠(初代)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation