@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥山石燕【とりやま せきえん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

鳥山石燕 とりやま-せきえん
1713-1788 江戸時代中期の浮世絵師。
正徳(しょうとく)3年生まれ。江戸の人。狩野玉燕(かのう-ぎょくえん)にまなび,人物画,妖怪(ようかい)の絵を得意とした。門人喜多川歌麿(うたまろ)らがいる。俳諧(はいかい)もまなび,絵入り俳書の挿絵をかいた。天明8年8月3日死去。76歳。本姓は佐野。名は豊。別号に船月堂,月窓など。作品に「百鬼夜行」「石燕画譜」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とりやませきえん【鳥山石燕】
1712‐88(正徳2‐天明8)
町狩野(まちがのう)の絵師,江戸座の俳諧師。本姓は佐野,名は豊房。船月堂,零陵洞,月窓などと号した。喜多川歌麿の絵画上の師であり,同時に養父的存在でもあった。彼の絵本《石燕画譜》(1774)は木版ぼかし技法を用いた最も初期の例で,《塵塚談》によれば肉筆の役者似顔絵の創始者にも擬せられるなど,浮世絵版画の技法やジャンルの発展に重要な位置を占める。歌麿のほか,戯作者の志水燕十や浮世絵師の栄松斎長喜を育てた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

鳥山石燕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥山石燕の関連情報

関連キーワード

フランス革命史(年表)総合年表(アメリカ)ラングハンスヤーノシークスペイン領ネーデルラントフリードリヒ1世(3世)ハプスブルク家ビバルディピエモンテロイズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation