@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥文斎栄之【ちょうぶんさい えいし】

美術人名辞典

鳥文斎栄之
江戸後期浮世絵師。江戸生。細田、名は時、鳥文斎は号。初め狩野栄川院に学び、将軍徳川家治より栄之の画号を与えられた。のち浮世絵で名を成し多くの門人を輩出する。肉筆画にも優れた。文政12年(1829)歿、74才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

鳥文斎栄之 ちょうぶんさい-えいし
1756-1829 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
宝暦6年生まれ。もと旗本。絵は狩野栄川(かのう-えいせん),文竜斎にまなんだという。黄表紙の挿絵錦絵(にしきえ)で独自の美人画様式をつくりあげた。肉筆画もおおくのこす。文政12年7月2日死去。74歳。江戸出身。姓は細田。名は時富。通称は弥三郎。代表作に「青楼芸者撰(せん)」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ちょうぶんさいえいし【鳥文斎栄之】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

ちょうぶんさい‐えいし〔テウブンサイ‐〕【鳥文斎栄之】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳥文斎栄之
ちょうぶんさいえいし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうぶんさい‐えいし テウブンサイ‥【鳥文斎栄之】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥文斎栄之」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥文斎栄之の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation