@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥浜貝塚【とりはまかいづか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鳥浜貝塚
とりはまかいづか
福井県南西部,三方五湖の一つ三方湖に注ぐはす川と高瀬川の合流点付近河床下に所在する低湿地貝塚若狭町に属する。縄文時代前期に形成された淡水産貝層と植物性遺物層の互層を主体とし,さらに下位には縄文草創期~早期遺物包含層が存在する。 1961年の発見以来3次の調査を経て,1975年の河川改修に際し福井県教育委員会による4次調査が開始,以後 1985年まで 10次にわたり調査された。遺跡西方の椎山丘陵裾の旧湖畔が集落跡と推定され,前期の竪穴式住居跡,ドングリ貯蔵ピット,礫穴土壙 (どこう) 炉等が少数検出された。生活のかすは集落南方の旧湖水中に投棄されて包含層を形成,多量の土器,石器,骨角器のほか,特に植物性遺物の保存が良好で,漆器類,石斧 (せきふ) 柄,弓,丸木舟 (かい) ,編物,縄等,動物遺体では各種獣骨,鳥骨,魚骨,昆虫等が出土糞石 (コプロライト) も多数発見されている。植物遺体ではクリ,クルミ,ヤシの実などのほか,ヒョウタンリョクトウシソエゴマ,ゴボウ等の渡来栽培植物も出土した。これらの豊富な遺物により,縄文早期~前期における高度な技術,生活水準の到達点が明らかになった。出土遺物は県立若狭歴史民俗資料館に展示。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

鳥浜貝塚
福井県若狭町にあり、1961年以来の調査で分かった1万〜5500年前(縄文時代草創期〜前期)の低湿地の集落遺跡。朱漆塗りのクシや植物遺物など約20万点が出土、縄文のタイムカプセルとも呼ばれた。豊かな定住生活を想像させた初の遺跡。ヒョウタン、シソなどの栽培植物と木の実、獣・魚骨、真珠などの装飾品、丸木舟、住居跡、道具類も出土。2000年4月に縄文博物館が開設された。
(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

とりはまかいづか【鳥浜貝塚】
福井県三方(みかた)郡三方町鳥浜字高瀬にある縄文時代草創期~前期の低湿地遺跡。三方湖の南約1km,鰣(はす)川と高瀬川の合流点河床下およびその周囲に広がっている。縄文時代には三方湖に面した微高地であった。1961年の遺跡発見以後,同志社大学,福井県教育委員会などが発掘調査をおこなった。縄文時代の遺物包含層は厚さ3m以上あり,最下層は海面下3mに達する。下から順番に,草創期の爪形文土器・多縄文土器,早期の押型文土器,前期の諸型式と堆積しており,西日本の最も重要な層位遺跡である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とりはまかいづか【鳥浜貝塚】
福井県三方上中郡若狭町鳥浜にある縄文前期の貝塚。湖岸の低湿地につくられ、早期・前期の土器、丸木舟、漆塗り製品、編物が出土。栽培種のヒョウタン・緑豆が発見され、縄文農耕の証拠となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

とりはまかいづか【鳥浜貝塚】

福井県三方上中(みかたかみなか)郡若狭(わかさ)町鳥浜にある貝塚。三方湖に注ぐ鰣川(はすがわ)と高瀬川の合流点付近の低湿地帯に所在する。貝塚は地下3m(海抜0m)から7m(同マイナス4m)のところにあり、当時は貝塚の周辺にまで湖が迫り、北側の丘陵が岬のように湖に突き出し、その丘陵先端の南側斜面に居住する人々がゴミを湖中に捨てたものと推定されている。1962年(昭和37)以来の発掘調査により、土器や石器のほか、赤漆塗りの櫛をはじめとする漆製品、石斧(せきふ)の柄、しゃもじ状の木製品、編み物、縄、栽培されていた可能性のあるヒョウタン・エゴマなどの植物遺体、長さ約6mの丸木舟などが出土し、縄文時代草創期から前期にかけての貝塚と確認された。腐食して残りにくい遺物が、水漬けの状態で良好に保存されていたところから、「縄文のタイムカプセル」とも呼ばれており、遺物1376点は鳥浜貝塚出土品として重要文化財に指定された。その後、三内丸山(さんないまるやま)遺跡(青森県)などで漆塗り製品が発見されることになるが、1972年(昭和47)に赤漆塗り櫛が出土したときは、縄文時代にこれほどの技術が存在していたことが学会に驚きを与えた。JR小浜線三方駅から徒歩約10分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳥浜貝塚
とりはまかいづか
福井県三方上中(みかたかみなか)郡若狭(わかさ)町鳥浜にある縄文時代前期から草創期にかけての貝層を伴う低湿地遺跡。1962年(昭和37)から10年間にわたり、若狭考古学研究会のメンバーを中心に発掘が行われ、多大の成果を収めた。また、自然科学の各分野の研究者が参加協力し、共同研究の実をあげた。遺跡は、三方湖に注ぐ(はす)川とその支流の高瀬川の合流点付近にあり、標高0メートルからマイナス2.5メートルの深さに包含層をもつ。貝層は前期に限られ、草創期のものはみられない。丸木舟、櫂(かい)、石斧(せきふ)柄、丸木弓、鉢、椀(わん)など、各種の多量の木製品が出土した。また、製作工程を示す加工材も豊富で、この時代の木工技術を知ることができる。木製容器や櫛(くし)などには朱や黒の漆(うるし)が塗られ、すでに漆技術の普及していたことがわかる。クリ、どんぐり、クルミなどとともに、ヒョウタン、緑豆(りょくとう)、ウリなどの「栽培植物」の種子が発見されており、縄文時代人の生業を知るうえで重要な資料となっている。[岡本 勇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とりはま‐かいづか ‥かひづか【鳥浜貝塚】
福井県三方上中郡若狭町鳥浜にある縄文時代早・前期の低湿性貝塚。土器・石器以外に赤漆塗り櫛・石斧柄・丸木弓・櫂・木製容器・縄・糞石など多くの遺物が出土した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥浜貝塚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥浜貝塚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation