@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥谷敬【とりたにたかし】

知恵蔵

鳥谷敬
日本のプロ野球選手(内野手)。1981年、東京都出身。身長180センチメートル、体重77キログラム。右投左打。
聖望学園高等学校(埼玉県)在学中、3年生で遊撃手兼投手として第81回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に出場した。2回戦(初戦)では大分県立日田林工高等学校と対戦して先制の打点を挙げ、またリリーフとして登板したが、3対5で敗戦した。
2000年、早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に進学。遊撃手として、東京六大学では2年春シーズンで三冠王を獲得、ベストナインに5回選ばれるなど活躍した。卒論テーマは「打撃動作における下肢の筋電図解析」。理論に裏づけされた打撃フォームを追求している。
03年、プロ野球ドラフト会議の自由獲得枠で阪神タイガースに入団。1年目の04年は、打率.251と苦しんだが、2年目は全試合に出場し、打率.278とチームの優勝に貢献。この年は、オールスター戦、日本シリーズにも初出場した。
以降、タイガース不動の遊撃手として活躍。04年9月9日から14年シーズン終了時まで、連続試合出場1466を継続中(日本プロ野球歴代3位)。また、遊撃手として日本プロ野球歴代1位の432試合連続フルイニング出場も継続している。
堅実な守備と安定した打撃の評価は高く、この間、ベストナインに5度、ゴールデングラブ賞に3度選出された。10年、11年は阪神タイガース選手会長、13年、14年にはチームキャプテンを務めた。
13年にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場。台湾戦では、1点リードされた9回2死から盗塁を決め逆転勝利につなげるなど勝負強さを発揮した。国際試合で刺激を受け、「久々に野球が楽しかった」と語っている。
海外フリーエージェント(FA)権は12年に取得しており、米国メジャーリーグで日本人内野手の評価が低いことなどから、その行使を見送ってきたが、年齢的にラストチャンスといわれる14年11月に行使した。松坂大輔投手のレッドソックス移籍などをまとめ、大物代理人として知られるスコット・ボラス氏と代理人契約。複数球団と主に二塁手として交渉し、大リーグの複数球団が興味を示したとされるが、移籍契約には至らなかった。1月8日、阪神残留の意思を球団側に伝えたとされる。
1月22日、阪神タイガースと5年総額20億円(推定)の大型契約を結び、記者会見で残留の決め手について「優勝を味わいたい」という思いが強かったことを明かした。「阪神で(現役を)終われたら」と語る。
14年までの通算成績は、1545試合に出場し5648打数1611安打、打率.285。
(葛西奈津子 フリーランスライター/2015年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

鳥谷敬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥谷敬の関連情報

関連キーワード

ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータハメネイラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司松本幸四郎ングーギ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation