@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥越城跡【とりごえじょうせき】

世界大百科事典 第2版

とりごえじょうせき【鳥越城跡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国指定史跡ガイド

とりごえじょうあと【鳥越城跡】

石川県白山市三坂町にある中世の山城跡。指定名称は「鳥越城跡 附二曲城跡(つけたりふとげじょうあと)」。加賀一向一揆の最後の拠点として知られ、手取川と支流の大日川に挟まれた標高312mの丘陵を中心に主要遺構が広がっている。大日川を挟んだ対岸の険阻な山頂上には二曲城跡(市内出合町)があり、鳥越城ができる前の拠点だった。鳥越城の築城は、本願寺の顕如(けんにょ)の命で加賀山内衆(白山麓門徒)の大将として派遣された紀州雑賀(さいか)門徒の鈴木出羽守によるとされる。1580年(天正8)、石山合戦で本願寺を屈服させた織田信長は、家臣の柴田勝家に白山麓の一揆軍を攻撃させ、鳥越城も落城した。その後、山内衆が城を奪回するが鎮圧され、加賀一向一揆は壊滅した。城跡のおもな郭(くるわ)には本丸、二の丸、三の丸、後二の丸など7ヵ所がある。各郭は空堀で区画され、本丸の前面には石垣積みの桝形(ますがた)門があり、ほかに自害谷、首切り谷、あやめが池などの地名が残されており、一向一揆の興亡を知るうえで重要な遺跡として、1985年(昭和60)に二曲城跡を附として国の史跡に指定された。出土した陶磁器類には中国製のものが多数あり、刀や鉄砲玉といった武器類などもあった。現在、「一向一揆歴史館」が開設されている。北陸鉄道石川線鶴来駅から車で約30分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥越城跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥越城跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation