@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳥追【トリオイ】

デジタル大辞泉

とりおい【鳥追】[曲名]
地歌・箏曲(そうきょく)。南枝作詞、松浦検校作曲。謡曲「鳥追舟」の詞章を取り入れた手事物(てごともの)
謡曲「鳥追舟」の宝生流における名称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とりおい【鳥追】
小正月行事の一つで,田畑を荒らす害鳥を年の初めにあらかじめ追い払っておこうとする呪的儀礼。長野県,新潟県や関東・東北地方の諸県を中心に分布している。正月飾などで作った仮小屋(かりごや)や雪室(ゆきむろ)を中心にして子どもたちが集まり,〈俺らが裏の早稲田を,なん鳥がまぐらった。,スワドリ立ちやがれ。ホーイ,ホーイ〉とか,〈頭切って尾を切って,につめて海へ流す〉などという鳥追歌を歌いながら,拍子木を鳴らしたり,棒で地面をたたいて村々を一巡するものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とり‐おい ‥おひ【鳥追】
[1] 〘名〙
① 田畑の作物をあらす害鳥を追い払うこと。また、そのしかけ。鳥おどし。
② 農村の小正月の行事の一つ。正月一四日の晩と一五日の暁、または、一四・一五・一六日の早朝に、田畑の害鳥を追い払うため、若者や子どもたちが、ささら、杓子(しゃくし)、槌(つち)、棒などを打ち鳴らし、鳥追歌をうたって家々を回り歩く。稲穂の実るころに行なう地方もある。鳥追遊び。鳥追祭。《季・新年》
※随筆・本朝世事談綺(1733)四「その中にささらをすりてうたふもの数人あり。〈略〉鳥追(トリオヒ)と云者也とぞ」
③ 新年に人家の門に立ち、扇で手をたたきながら祝歌をうたって米銭を乞うた乞食。京都悲田院に住む与次郎の始めたものという。たたき。たたきの与次郎。《季・新年》
※咄本・醒睡笑(1628)一「千秋万歳ともまた鳥追(とりおひ)ともいふかや、家毎に歩きて慶賀をうたふに」
※俳諧・桜川(1674)春一「鳥追や春をもってなる口拍子〈久友〉」
④ 門付(かどづけ)芸の一つ。江戸時代、新年に女太夫が新服に日和下駄、編笠姿で、三味線をひき鳥追歌をうたって人家の門に立ち米銭を乞うたもの。《季・新年》
※雑俳・柳多留‐三(1768)「鳥追ひは笠を一寸一寸とばちで上」
[2]
[一] 地唄・箏曲。南枝作詞。松浦検校作曲。謡曲「鳥追舟」の一部を取り入れた手事物。
[二] 謡曲「鳥追舟」の宝生流での名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥追」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥追の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation