@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳩摩羅什【くまらじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鳩摩羅什
くまらじゅう
Kumārajīva
[生]350頃
[没]409頃
中国の仏典翻訳僧のうち,最も偉大な者の一人。父はインド人,母は亀茲国王女という。7歳で出家し仏教を学び,さらに北インドに学んだ。その後中央アジア諸国をめぐり,大乗仏教に接し,亀茲国に帰国。のち,中国に招かれて長安に行き,訳経事業に従事,その間仏教を講じたりした。その訳出した経典は莫大な数に上り,『出三蔵記集』によると 35部 297巻といわれている。弟子には道融僧叡僧肇道生ら多くの俊才が輩出した。翻訳した経典中おもなものは『阿弥陀経』『法華経』『大品般若経』『維摩経』など数多く,また論書では『中論』『百論』『十二門論』『大智度論』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くまらじゅう〔クマラジフ〕【鳩摩羅什】
《〈Kumārajīva》[344~413]中国、六朝(りくちょう)時代の仏典の翻訳家。中央アジア亀玆(きじ)国の僧。父はインド人、母は亀玆国王の妹。前秦の亀玆攻略後、長安に迎えられ、訳経に従事。法華経阿弥陀経など35部300巻に及ぶ訳経は、旧訳(くやく)において最も重要な地位を占める。三論宗祖師ともされる。羅什。くもらじゅう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くまらじゅう【鳩摩羅什】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

くまらじゅう クマラジフ【鳩摩羅什】
(Kumārajīva) 中国の六朝時代の仏典の翻訳家。インド人を父として亀茲(クチャ)国に生まれ、インドで仏典を学び、帰国後西域諸国に仏教を普及。さらに国師として後秦の都長安に迎えられ、仏教思想の普及と仏典の翻訳に従事して、維摩(ゆいま)経、法華経、阿彌陀経、般若経など三五部三百余巻を漢訳。その系統に三論(さんろん)、成実(じょうじつ)学派が形成され、中国仏教の基礎を築いた。羅什。(三四四‐四一三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

鳩摩羅什
くまらじゅう
Kumārajīva
344〜413
中国五胡十六国時代の後秦 (こうしん) の仏僧
本名はクマラジーヴァ。父はインド人,母はクチャ王の妹で,西域のクチャに生まれ,7歳で出家して諸国をめぐり,仏法を学んだ。当時,五胡政権は人心掌握のため高名な仏僧を利用しようとしていたことから,401年後に迎えられて長安で仏典漢訳に従事し,大乗仏教の普及につとめた。弟子も多く,また長安を中国仏教界の中心地たらしめた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳩摩羅什」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳩摩羅什の関連情報

関連キーワード

合意制度即決裁判手続マル優制度検察官(司法)道武帝拓跋珪道武帝[北魏]市原(市)道武帝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation