@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳴沙山【めいさざん】

世界の観光地名がわかる事典

めいさざん【鳴沙山】
中国の甘粛(かんしゅく)省敦煌(とんこう)(トゥンホワン)市の市街から南5kmにある、広大な砂山。◇「神沙山」と呼ばれていたが、風が吹くと音をたてるので「鳴沙山」と呼ばれるようになった。『史記』には、「天気がいいときは、音楽を奏でているようだ」と記載されている。すべてが堆積してできたもので、東西の長さは約40km、南北の幅は約20kmあり、山峰は険しく、最高峰は250mである。山腹に水波状の砂紋があり、昼夜の温度差が激しく、日中は砂が熱くて登れない。そのため、市内からのツアーは日没に合わせて組まれていることが多い。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいさざん【鳴沙山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

鳴沙山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳴沙山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation