@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鳶職【とびしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鳶職
とびしょく
江戸時代に鳶口をもって普請にたずさわり,大木大石を挽 (ひ) き立てた職人。現代では建築物の建て方,足場組立て,杭打ち,矢板打ち,建物の移動などの作業を行う職人のこと。高所での作業を得意とし,杭打機などの操作も行う。江戸時代には町火消し人足も兼ね,町内各家の松飾りや祭礼の用意もした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とびしょく【鳶職】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とびしょく【鳶職】
鳶の者。また、その職業。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳶職
とびしょく
建築や土木工事の仕事師、または町火消の人足。鳶、鳶口、鳶のともいう。土木工事が増大した17世紀から、鳶口を使って普請場(ふしんば)で材木を動かす者で、梃子(てこ)を使って重い石を動かす梃者(てこのもの)と同様の日雇労働者をいう。町抱えや店(たな)抱えの者もあり、親方を頭(かしら)とよんだ。18世紀には町火消のなかに編入され、鳶口での破壊消防にあたった。平時は、普請の手伝い、足場掛け、土突(どうづき)や家内の小修理、町内の門松立てなどが仕事で、江戸では仕事師、上方(かみがた)では手伝ともいわれた。19世紀後半からは新しい消防組織の消防団員となり、平時の仕事は土木工事での仕事師のそれが中心となった。第二次世界大戦後はコンクリート造や高層建築が多くなってきて、その足場や鉄骨の組立てやコンクリート打ちが新しい仕事となり、建設機械も操作して、鳶職という職種を確立させてきた。消防の出初(でぞめ)における梯子(はしご)乗りや頭たちの木遣(きやり)はいまも残り、土木工事での地搗唄(じつきうた)もたまに聞くことができる。[遠藤元男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とび‐しょく【鳶職】
※東京日日新聞‐明治四一年(1908)四月六日「植木職兼鳶職池田亀太郎(三十五)と云へる者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とび‐しょく【×鳶職】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳶職」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳶職の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation