@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鴻池【こうのいけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鴻池
こうのいけ
大阪府東大阪市北部の地区。江戸時代初期まで大和川分流が流入していた新開池 (しんかいいけ) のあったところで,地名は宝永2 (1705) 年大坂豪商鴻池善右衛門 (3代目宗利) が巨費を投じてこの池を干拓,同5年約 120haの新田が開発され,鴻池新田と称したことに由来。当時の鴻池新田会所は重要文化財となっている。第2次世界大戦後の農地改革以来,工場進出や宅地化が進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうのいけ【鴻池】
江戸時代、大坂の豪商の家の名。山中鹿之助の次男新六をとする。摂津鴻池村で酒造業を始め、のち大坂に進出して海運業大名貸しを行い、両替業も兼ねた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうのいけ【鴻池】
江戸時代、大坂の豪商。江戸初期、摂津国川辺郡鴻池村で酒醸を始め、酒販・海運・両替商として成功。諸大名との結びつきが強く、明治に入り、鴻池銀行(のちの三和銀行)を設立し、一大財閥を築いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうのいけ【鴻池】
[一] 摂津国河辺郡の地名。日本酒の名産地。兵庫県伊丹市鴻池(こういけ)付近にあたる。
[二] 大坂の富商。寛永二年(一六二五)に初代善右衛門が海運業を始め、主として諸侯の運送等を引き受け、のち金融業として大をなした。
※洒落本・繁千話(1790)「大坂の嗚池(コウノイケ)や江戸の訥子よりも、はるか沖を漕ぎ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

鴻池
こうのいけ
江戸時代,江戸の三井と並ぶ大坂の豪商
代々善右衛門を襲名。摂津池田の酒造家で清酒で財をなし大坂に進出,廻船業を兼ねて発展。17世紀半ばから本両替を営み,十人両替に加わった。町人請負新田に着手し,鴻池新田を開発した。加賀・広島・阿波岡山・柳川5藩の掛屋,広島・岡山2藩の蔵元を兼ね,尾張・紀伊家の御用商人となり,多くの豪商が倒産した大名貸を32藩にも行い無事乗り切った。明治維新後,鴻池銀行三和銀行前身)を創設した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鴻池」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鴻池の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation