@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鵜川【うかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鵜川
うかわ
石川県北部,能登町最南端にある旧能都町の漁業集落。旧村名。内浦漁港の一つで,山田川の河口にある木材集散地でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

う‐かわ〔‐かは〕【×鵜川】
を川に放して、川魚をとること。鵜飼い。また、鵜飼いをする川。 夏》「只一人―見にゆくこころ哉/蕪村

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うかわ【鵜川】
鵜飼いをする川。また、鵜飼いのこと。 [季] 夏。 うなひ川清き瀬ごとに-立ち/万葉集 3991
[句項目] 鵜川の小鮎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鵜川
うかわ
石川県鳳珠(ほうす)郡能登町(のとちょう)南部の一地区。古くからの港町。鉄道は、のと鉄道能登線(穴水(あなみず)―蛸島(たこじま)間)が通じていたが、2005年(平成17)4月廃止され、現在は代替バスが通じている。海瀬神社で七福神の一つ弁財天を祀る祭礼「にわか祭り」が行われる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う‐かわ ‥かは【鵜川】
〘名〙 鵜を川に放して、川魚、多くは鮎を捕ること。鵜飼。また、その川。《季・夏》
※永承六年禖子内親王歌合(1051頃)「ほど遠きうかはの瀬々のかがり火は水にやどれる星かとぞみる〈平頼資〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鵜川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation