@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鵜飼い【うかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鵜飼い
うかい
() を飼いならしてアユなどの魚をとる漁法。これを生業とする人もさす。ウは主としてウミウが用いられるが,浅い川ではカワウも使われる。岐阜県の長良川,大分県日田の三隈川などで,6月から 10月頃にかけて行なわれるアユ漁が最も著名。中国,インドでも行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

う‐かい〔‐かひ〕【×鵜飼い】
《「うがい」とも》
を飼いならして鮎(あゆ)などをとらせること。また、その鵜を使うのを職業とする人。鵜匠(うじょう)。岐阜県長良川のものが有名。 夏》「老なりし―ことしは見えぬかな/蕪村
御厨子所(みずしどころ)膳部(ぜんぶ)の下役で、魚をとる者。
[補説]曲名別項。→鵜飼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うかい【鵜飼い】
飼いならしたウをつかって魚をとる漁法。世界でも珍しい漁法で,現在は日本と中国大陸だけにみられる。ウは大食であり,飼育中のウミウの例では,1日に10cm大の魚なら約40尾を食餌とする。この貪食性,いいかえればウの高い捕魚能力を利用したのが鵜飼いである。すなわち,ウはくちばしを最大限70~80度開くことができ,体長35cm大の魚をふつうにまるのみし,強力な消化酵素で短時間のうちに溶解してしまう。そこで,ウの頸部下端を首結いとよぶ麻縄などでしばり,のんだ大きい魚がに入らず食道にたまるようにしておき,水に放って捕食させるのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

鵜飼い
(岐阜県岐阜市)
ぎふ百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜飼い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鵜飼いの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation