@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鵜飼【うかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鵜飼
うかい
広島県南東部,府中市の中心市街地の一部。府中の桐たんすの発祥地で,現在もたんすを中心とした家具や織物産地地名芦田川で行われていた鵜飼にちなむ。 JR福塩線鵜飼駅がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜飼
うかい
能の曲名。榎並左衛門五郎作,世阿弥改作。五番目,殺生物。甲斐の石和 (いさわ) 川で禁を犯して鵜飼いをし,簀巻きにされた鵜飼師の亡霊を,旅僧回向 (えこう) によって成仏させるというもの。阿弥陀信仰による『法華経』賛美譚。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うかい【鵜飼】[謡曲]
謡曲。五番目物。榎並左衛門五郎作。世阿弥改作。禁漁の所で漁をして殺された鵜飼いの霊が、一夜の善行によって閻魔(えんま)大王に許され、極楽へ送られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うかい【鵜飼】
能の曲名。五番目物。鬼物。古作を世阿弥が改作。前ジテは鵜飼いの老人後ジテは地獄の鬼。旅の僧たち(ワキ,ワキツレ)が甲斐の石和(いさわ)川に赴く。鵜飼いの老人が来かかるので言葉を掛けてみると,僧の一人が前に接待を受けた宿の老人だった。老人は,実は自分はすでに死んで地獄に落ちている者だと打ち明け,殺生禁断の場所で鵜を使ったのが見つかり,川に沈めて殺されたのだと物語る。そして罪滅ぼしのためにといって,生前そのままに鵜飼いをして見せるが(〈鵜ノ段〉),やがて闇の中へ消え去る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うかい【鵜飼】
能の一。五番目物。榎並えなみ左衛門原作、世阿弥改作。甲斐の石和いさわ川で禁漁を破って殺された鵜飼いの霊が、旅の僧の回向えこうによって往生する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う‐かい ‥かひ【鵜飼】
[1] 〘名〙 (「うがい」とも)
① 鵜を使って行なう漁。広くは、四季それぞれ行なうもの、昼間行なうもの、張った網の中に鵜を使い魚を追いこませる追い鵜などにもいうが、一般には、夏の夜、小船のへさきで篝火(かがりび)をたいて鮎などを近寄らせ、鵜匠が鵜の頸(くび)に鵜縄(うじょう)をつけ、水中で魚をのませ、引き上げて吐かせるもの、すなわち獲(とり)鵜をいう。現在では岐阜県長良川の鮎漁がもっとも有名。鵜川(うかわ)。《季・夏》
※宇津保(970‐999頃)楼上下「よさりまでうかひなどして帰給ふ」
② ①を業とするもの。鵜飼人(うかいびと)。鵜匠。鵜使い。鵜人(うびと)。《季・夏》
※古事記(712)中・歌謡「我はや飢ぬ 島つ鳥 宇加比(ウカヒ)が伴(とも) 今助(す)けに来ね」
③ 官名。御厨子所(みずしどころ)の膳部(ぜんぶ)の下役で、御用の魚類などをとる者。
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「御厨子所のうかひの長、院の鵜飼をめしならべて」
④ 「うかいぶね(鵜飼船)②」の略。〔和漢船用集(1761)〕
[2] 謡曲。五番目物。各流。榎並左衛門五郎作。世阿彌改作。安房の清澄の僧が甲斐の国の石和(いさわ)川を訪れると、殺生の罪で簀巻(すまき)にされた鵜使いの亡霊が現われ、僧に鵜飼の様を語り回向を頼む。僧が鵜使いの霊を弔っていると閻魔(えんま)大王が現われ、亡者が成仏したことを告げる。
[語誌](1)「隋書‐倭国伝」には日本の鵜飼が世界最古のものとして記録されている。民間でも広く行なわれたが、「古事記」には鵜飼によって捕った魚を進献するという服属儀礼が記され、鵜飼部が魚を献上する職として登場、令制下では宮内省大膳職に鵜飼が属するなど、宮廷儀礼の一環として位置づけられた。
(2)江戸時代には諸藩が鵜飼を保護し鵜匠制度も確立した。明治以後は、皇室の御漁場として保護された岐阜の長良川(現在も宮内庁の保護下にある)以外は、九州など一部に観光用として名残をとどめているにすぎない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うかい うかひ【鵜飼】
(「うがい」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜飼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鵜飼の関連情報

他サービスで検索

「鵜飼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation