@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶉衣【うずらごろも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鶉衣
うずらごろも
江戸時代後期の俳文集。横井也有 (やゆう) 半紙本 12冊 (前編後編続編拾遺) 。天明7 (1787) ~文政6 (1823) 年刊。四方山人,也有,六林,南畝垂穂,六樹園の序跋がある。也有の俳文および俳体詩あわせて 240編余を収録。古来,俳文の極致を示すものとして推称されている。和漢故事を駆使し,雅俗をとりまぜ,軽妙自在である一面,文字の遊戯という欠点がないでもない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うずら‐ごろも〔うづら‐〕【×鶉衣】
ウズラの羽がまだらであるところから》継ぎはぎのしてある着物。ぼろな着物。うずらぎぬ。うずらのころも。
「錦繍(きんしゅ)のかさね引きかへ、いつの間に―と綻(ほころ)びて」〈浄・五枚羽子板〉
[補説]書名別項。→鶉衣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うずらごろも【鶉衣】[書名]
江戸後期の俳文集。4編12冊。横井也有著。前編は天明7年(1787)刊、後編は翌天明8年(1788)刊。続・拾遺編は文政6年(1823)刊。也有の俳文をほとんど全部網羅しており、その軽妙自在な文体は古来俳文の一典型とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅん‐い【×鶉衣】
子夏は貧しく、着ている衣服が破れていたのをにたとえた「荀子」大略の故事から》継ぎはぎだらけの衣。みすぼらしい衣服。弊衣。うずらごろも。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うずらごろも【鶉衣】
俳文集。横井也有(やゆう)著。四方山人。〈前編〉(1787),〈後編〉(1788),〈続編〉〈拾遺〉(1823)各3冊ずつ12分冊として刊行されたが,後には,4冊または2冊に合冊された。作者みずから編集した稿本をもとにして刊行されたもの。題名は,ウズラの羽毛に似てつづれのような文章だとので,卑下して名づけたもの。約220編の俳文を収めている。軽妙洒脱な,技巧を極めた文章で,俳文の一つの典型と考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うずらごろも【鶉衣】
継ぎはぎをした衣服。弊衣。うずらぎぬ。うずらのころも。 錦繡きんしゆの重ね引換へ、いつの間に-と綻ほころびて/浄瑠璃・雪女
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うずらごろも【鶉衣】
俳文集。四編。横井也有作。前編1787年、後編1788年、続編・拾遺1823年刊。也有の遺稿を大田南畝が編集刊行したもの。機知と技巧に富んだ洒脱な俳文。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅんい【鶉衣】
荀子 大略
やぶれ衣。つぎはぎの衣。うずらごろも。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鶉衣
うずらごろも
俳文集。横井也有(やゆう)の若年より晩年に至る俳文を収載したもの。前、後、続、拾遺の4編12冊(各編3冊)。前編1787年(天明7)、後編1788年(天明8)、続・拾遺編1823年(文政6)刊。也有没後、大田南畝(なんぽ)(蜀山人(しょくさんじん))がその文章のおもしろさに感動し、也有の俳友堀田六林(ろくりん)から稿本『鶉衣』を得て出版、それを機縁に以後続刊された。日用の俗を題材にしながら、風雅の意識により虚構の世界を再構成するという手法によってつづられるその文章は、機知と技巧を基調とする軽妙自在な味をもち、古来、もっとも洗練、完成された俳文として賞されている。もっとも、その風雅は芭蕉(ばしょう)の風雅とは趣を異にし、洒脱(しゃだつ)であか抜けした滑稽(こっけい)味という点に主眼がある。[中野三敏]
『岩田九郎著『完本うづら衣新講』(1958・大修館書店) ▽野田千平著『稿本系うづら衣本文と研 究』(1980・笠間書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うずら‐ぎぬ うづら‥【鶉衣】
※挙白集(1649)冬「鳴きたえぬ秋くれしより深草やうづらぎぬ打つ音ばかりして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うずら‐ごろも うづら‥【鶉衣】
[1] 〘名〙 つぎはぎの着物。また、破れすり切れて短くなった着物。弊衣。うずらぎぬ。うずらのころも。《季・秋》
※至宝抄(1585)「うづら衣とは短衣なり」
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)下「いつのまにうづらごろもと綻びて」
[2] 江戸後期の俳文集。四編一二冊。横井也有著。著者が残した俳文をほとんどすべて編集したもので、前編に天明五年(一七八五)の跋(ばつ)、続編に文政六年(一八二三)の序があるが、前編は天明七年、後編は同八年刊。和漢の故事、ことわざをはじめ、自然や人事など広い主題について、技巧を凝らした軽妙な文章で書かれている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅん‐い【鶉衣】
〘名〙 (子夏が貧乏で破れ衣を着ていたのを「県鶉」とたとえた「荀子‐大略」の文から) つぎはぎの着物。弊衣。うずらごろも。
※懐風藻(751)初春於左僕射長王宅讌〈百済和麻呂〉「鶉衣追野坐。鶴蓋入山家」 〔杜甫‐風疾舟中伏枕書懐奉呈湖南親友詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

鶉衣
うずらごろも
江戸後期,横井也有の俳文集
1787〜1823年刊。4編12冊246項。軽妙洒脱な知性と平静な心で,日常生活・自然・和漢の故事・俗諺・詩心・紀行などを述べている。江戸時代の俳文中,屈指の作品。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶉衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶉衣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation