@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ウグイス】

デジタル大辞泉

うぐいす〔うぐひす〕【×鶯】
スズメ目ウグイス科ウグイス属の鳥。全長は雄が約16センチ、雌が約14センチで、上面は緑褐色、腹部が白く、淡色の眉斑(びはん)がある。東アジアに分布。日本では夏は山地の低木林で繁殖し、冬は平地に降りる。鳴き声を楽しむために古くから飼育された。春鳥・春告げ鳥・花見鳥・歌詠み鳥・経読み鳥・匂い鳥・人来鳥(ひとくどり)・百千鳥(ももちどり)・愛宕鳥(あたごどり)など別名は多い。 春》「―の声遠き日も暮れにけり/蕪村
声の美しい女性をいう語。「嬢」
鶯色」「鶯茶」の略。
草紙などを綴(と)じるときに用いる竹串。
茶筅(ちゃせん)を立てるための道具。茶筅立て。
《中世語》切匙(せっかい)をいう女性語。
[補説]作品名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うぐいす【鶯】[狂言・書名]
狂言。和泉(いずみ)流。梅若殿の家来が、主人のためにある男の秘蔵の鶯を刺そうとして失敗し、主人の太刀まで取られてしまう。
伊藤永之介小説。昭和13年(1938)刊。東北農民の生活を描いた「鳥類もの」と称される作品の一つ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うぐいす【鶯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

鶯 (ウグイス)
学名:Cettia diphone
動物。ヒタキ科の鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶯 (ウグイス)
植物。スイカズラ科の落葉小低木。ウグイスカグラの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うぐいす うぐひす【鶯】
[1] 〘名〙
① スズメ目ウグイス科の鳥。雄は全長約一六センチメートル、雌は約一四センチメートル。雌雄とも背面は褐色を帯びた緑色で、腹部は白っぽい。早春、「ホーホケキョ」と美声でさえずるので、飼い鳥とされる。夏は平地から高山までの各地の笹やぶにすみ、地鳴き(笹鳴きともいう)は「チャッチャッ」と鳴く。冬に山地のものは平地に降りてくる。鶯の卵はホトトギスの卵とよく似ているので、鶯はしばしばホトトギスの卵を孵化(ふか)して育てる。はるどり。はるつげどり。うたよみどり。きょうよみどり。においどり。ひとくどり。ももちどり。はなみどり。あたごどり。《季・春》
※万葉(8C後)五・八二四「梅の花散らまく惜しみわが園の竹の林に于具比須(ウグヒス)鳴くも」
※平家(13C前)四「梢の花色おとろえて、宮の鶯声老いたり」
※雑俳・柳多留‐三二(1805)「うくひすやうづらでものむたかのつめ」
⑥ 帯などをくける時に用いるもの。竹篦(へら)の端を割ったもの。
⑦ 香道具の一つ。香の包み紙を止める金属製の串(くし)。鶯串。
⑧ 茶道具の一つ。茶箱の月の点前(てまえ)のとき、茶筅(ちゃせん)を立てるために使う金具。器据えの板に差し、それに茶筅の柄(え)を差す。
⑨ 草子などを綴じる竹串。
※俳諧・鷹筑波(1638)一「鶯で歌書をやとづるいと柳〈定時〉」
⑩ (①と形が似ているところから) 切匙(せっかい)をいう女房詞。〔女重宝記(元祿五年)(1692)〕
⑪ (①が「ホーホケキョ」と鳴くところから) 法華宗の僧をさしていう。
⑫ (①の鳴き声が美しいところから) 美声。また、美声の人をいう。
[2] 狂言。和泉流・鷺流。主人のため、ある秘蔵の鶯を刺そうとして、失敗する。
[語誌](1)「春告げ鳥」の異名のとおり、春を待って、あるいは春の到来を告げて鳴く鳥と捉えられるのが普通だが、「古今集」には、落花や行く春を惜しんで鳴く晩春の鶯も見られる。春が過ぎても鳴く鶯を「老鶯」といい、夏の季語となる。
(2)和歌では、特に早春の花である梅と組み合わせられる例が多く、「梅の枝の鶯」「梅に鶯」という構図は、絵画工芸の題材ともなる。
(3)「谷の鶯」は、もと中国の唐代に幽谷を出る鶯が早春詩の題材となっていたものを受容したもの。「谷深み春の光のおそければ雪につつめる鶯の声〈菅原道真〉」〔新古今‐雑上・一四四〇〕のように、世にいれられず沈淪する不遇や籠居の隠喩となり、逆に谷を出る鶯は出世や昇進を意味するようになる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation