@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴嘴【ツルハシ】

デジタル大辞泉

つる‐はし【鶴×嘴】
堅い土を掘り起こすときなどに用いる鉄製工具鶴の嘴(くちばし)のように両先端をとがらせ、木の柄をつけたもの。つるのはし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つるはし【鶴嘴 pick】
固い地盤や砂れきなどを掘り起こすのに用いられる土工用具。両端あるいは一端を細長くとがらせた鉄や鋼を木の柄につけたもの。その形がのくちばし(嘴)に似ていることからこの名がある。古くは鶴のはしの名も見られ,農具としても利用されていた。【室 達朗】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

つる‐はし【鶴嘴】
〘名〙 (「つるばし」とも) 堅い地面などを掘り起こす道具。鉄製で両先端が鶴のくちばしのように細くとがり、中央部に柄のついたもの。つるのはし。つるっぱし。つる。〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴嘴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴嘴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation