@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴寿【かくじゅ】

美術人名辞典

鶴寿
梅廼屋、梅農屋子。後に鶴寿・又秣翁と改める。通称室田亦兵衛。本町側判者。慶応元年(1865)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

かく‐じゅ【鶴寿】
《鶴は千年の寿命を保つといわれるところから》長生き長命長寿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鶴寿(かくじゅ)
和歌山県和歌山市、総本家駿河屋が製造・販売する銘菓糸寒天と讃岐産和三盆糖を用いた竹皮包みの手流し大棹羊羹。「練羊羹」のほか、栗入りの「栗羊羹」、小豆入りの「夜の」がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく‐じゅ【鶴寿】
〘名〙 (鶴(つる)は一〇〇〇年の寿命を保つというところから) ながいき。長寿。長命。〔淮南子‐説林訓〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴寿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴寿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation