@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴岡八幡宮【つるがおかはちまんぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鶴岡八幡宮
つるがおかはちまんぐう
神奈川県鎌倉市雪ノ下に鎮座する元国幣中社。鎌倉八幡宮ともいう。祭神は,応神天皇,ヒメガミ,神功皇后。康平6 (1063) 年,源頼義創建源氏氏神武家守護神として崇敬された。例祭9月 15日。国宝指定工芸品 (鎌倉時代) 多数を所蔵する。境内史跡

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つるがおか‐はちまんぐう〔つるがをか‐〕【鶴岡八幡宮】
神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社。祭神は応神天皇比売神(ひめがみ)神功(じんぐう)皇后。康平6年(1063)源頼義が、石清水(いわしみず)八幡宮の分霊を鎌倉の由比郷鶴岡勧請(かんじょう)したことに始まる。のち、源頼朝が現在地へ移し、源氏の守護神として鎌倉幕府尊崇を受けた。9月16日に行われる流鏑馬(やぶさめ)は有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鶴岡八幡宮
△神奈川県鎌倉市雪ノ下▽にある神社。祭神は応神天皇、比売神(ひめがみ)、神功皇后。1063年、源頼義が鎌倉由井郷に石清水八幡宮を請したのが起源。源頼朝により現在地に移転。銘正恒の太刀、神功皇后の御神服(いずれも国宝)など、多くの文化財を所蔵。境内は国指定史跡。敷地内に県立近代博物館がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つるがおかはちまんぐう【鶴岡八幡宮】
鎌倉市に鎮座。祭神は応神天皇,比売(ひめ)神,神功皇后。旧国幣中社。1063年(康平6)源頼義が安倍貞任を追討する際戦勝祈願をした石清水(いわしみず)八幡宮を由比郷に勧請したのが始まりで,その子義家は81年(永保1)修復を加えるとともに小林郷に移した。その後1180年(治承4)平氏打倒の旗印をかかげて伊豆に蜂起した頼朝は同宮を小林郷北山の地に遷した。都市鎌倉建設の際に,頼朝は同宮を内裏に,同宮から南に走る中心道の若宮大路朱雀大路にそれぞれ見たてて整備した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つるがおかはちまんぐう【鶴岡八幡宮】
鎌倉市雪下にある神社。祭神は応神天皇・神功皇后。1063年源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請し、1180年源頼朝が今の場所に移建。源氏の守護神として鎌倉幕府の尊崇あつく、以後室町幕府・江戸幕府ともに保護を加える。鎌倉八幡宮。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鶴岡八幡宮
つるがおかはちまんぐう
神奈川県鎌倉市雪ノ下に鎮座。祭神は応神(おうじん)天皇、比売(ひめ)神、神功(じんぐう)皇后の3座を祀(まつ)る。1063年(康平6)源頼義(よりよし)は鎌倉由比(ゆい)郷に石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)を勧請(かんじょう)(現在の末社由比若宮)し、1180年(治承4)源頼朝(よりとも)は東国に挙兵し鎌倉に入ると、社を小林郷北山の現社地に遷(うつ)し、都市鎌倉の中心に据えた。以後八幡宮は、源氏の氏神、幕府の守護社として鎌倉御家人(ごけにん)らの精神的支柱とされ、幕府の公的行事の場となった。鎌倉幕府の発展に伴って機構が整備され、別当、25坊の供僧(ぐそう)などが置かれた。「鶴岡八幡宮寺」とも称されているように、神仏習合の典型である宮寺形式の神社であり、神主に大伴(おおとも)氏が補せられていたものの、社内の権限は僧侶(そうりょ)が握っていた。
 1191年(建久2)社殿を焼失したため、裏山の中腹を切り開いて本社(上宮)を造営、山下の若宮(下宮)、摂末社も整い、面目を一新した。若宮回廊における静御前(しずかごぜん)の舞、社頭にて別当公暁(くぎょう)に3代将軍源実朝(さねとも)が殺された事件は有名。歴代将軍家の崇敬厚く、鎌倉幕府滅亡後も、室町幕府の鎌倉府の足利公方(あしかがくぼう)、戦国期の後北条(ごほうじょう)氏と、その信仰に怠りなく、北条氏綱(うじつな)、豊臣(とよとみ)秀吉らによって社殿の造営や修理が行われるなど、武士の尊崇を集めた。近年、そのときの遺構が発掘されている。明治の神仏分離によって打撃を受け、一時疲弊したが、第二次世界大戦後とくに昭和40年代の初詣(はつもう)で人口の増大にのって、8年間初詣で日本一を記録した。社宝には籬菊螺鈿蒔絵硯箱(まがきにきくらでんまきえすずりばこ)、正恒(まさつね)銘の太刀(たち)(いずれも国宝)などがある。県文化財の桃山期神輿(みこし)3基の渡御する例大祭は9月15日、流鏑馬(やぶさめ)神事は9月16日。[岡田荘司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

鶴岡八幡宮
(神奈川県鎌倉市)
かながわの建築物100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴岡八幡宮
(神奈川県鎌倉市)
かながわの花の名所100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴岡八幡宮
(神奈川県鎌倉市)
かながわ未来遺産100」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴岡八幡宮
(神奈川県鎌倉市)
日本三大八幡」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

鶴岡八幡宮
(神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つるがおか‐はちまんぐう つるがをか‥【鶴岡八幡宮】
神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社。旧国幣中社。祭神は応神天皇、比売神、神功皇后。康平六年(一〇六三)源頼義が石清水八幡宮を由比郷鶴岡に勧請(かんじょう)し、由比若宮、鶴岡若宮と称したのに由来する。治承四年(一一八〇)源頼朝が現在地に移したが建久二年(一一九一)焼失、後方の大臣山山頂に本殿を建てて本宮(上宮)とし、旧地に若宮(下宮)を再建。以後、鎌倉幕府の宗祀として将軍社参や拝賀式が行なわれ、源氏の氏神、武門の守護神となった。鎌倉八幡宮。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

鶴岡八幡宮
つるがおかはちまんぐう
鎌倉市雪ノ下にある神社。祭神は応神天皇・比売 (ひめ) 神・神功皇后
1063年前九年の役のとき,源頼義が京都石清水八幡宮を由比ケ浜に勧請したのに始まり,1180年源頼朝が現在の地に移した。鎌倉幕府の守護神として厚い尊崇をうけ,室町・江戸幕府からも保護された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴岡八幡宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴岡八幡宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation