@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴田和紙【つるたわし】

事典 日本の地域ブランド・名産品

鶴田和紙[紙工芸・和紙]
つるたわし
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
南薩摩郡さつま町で製作されている。江戸時代初期に島津藩藩政改革一環として奨励した紙漉きの技術を受け継いだ手漉き和紙。昔から手揉み茶をつくる際の茶取り紙として使われ、今でも高級茶づくりに欠かせない。現在では、障子紙画仙紙・茶取り紙などが製造されている。鹿児島県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鶴田和紙
鹿児島県薩摩郡さつま町で生産される手漉き和紙原料コウゾなど。手揉み茶作りに使う紙として漉かれたのが起源。「鶴田手漉和紙」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴田和紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴田和紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation