@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴見岳【つるみだけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鶴見岳
つるみだけ
大分県中部,別府湾西方にあり,別府温泉の背景をなす典型的な溶岩円頂丘鐘状火山)。活火山で,鶴見伽藍岳として常時観測火山別府市に属する。標高 1375m。鶴見連主峰で,山頂西部赤池と呼ばれる噴気孔がある。数回の噴火により山体が不規則になり,鶴見渓谷,内山渓谷などの地獄谷を形成した。九州横断道路沿いの式内社火男火売神社(ほのおほのめじんじゃ)の鳥居が登山口であるが,1960年にその近くからロープウェーが山頂まで敷設された。山頂からの眺望は絶佳で,春のミヤマキリシマ,秋の紅葉,冬の霧氷は有名。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つるみ‐だけ【鶴見岳】
大分県別府市西部にある山。標高1375メートルの鐘状火山。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つるみだけ【鶴見岳】
大分県別府市街西方の山。標高1375m。伽藍(がらん)岳,太平山,内山など10余の角セン石安山岩の溶岩円頂丘からなる鶴見火山群の主峰。東斜面に東に向かって開く爆裂火口があり,867年(貞観9)の爆発による山体の崩壊で生じた泥流が別府湾岸まで達している。現在は山頂北西の小火口から噴気を上げるのみであるが,火山群の活動は東麓一帯に〈地獄〉と呼ばれる高温の噴騰泉を湧出させており,別府,観海寺,亀川,鉄輪(かんなわ)など湯量の豊富な温泉が集まって別府温泉郷をなしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鶴見岳
つるみだけ

大分県別府市の西部にある山。標高1375メートル。含輝石角閃(かくせん)安山岩からなる鐘状火山。『三代実録』に、867年(貞観9)大爆発の記録がある。主要地方道別府一の宮線沿いの別府高原駅からロープウェーで山頂まで1.8キロメートル、7分30秒で達することができ、山頂からは、西に由布(ゆふ)・九重(くじゅう)、南に祖母(そぼ)山・傾(かたむき)山、北に英彦(ひこ)山などの山々、また東方は瀬戸内海・豊後(ぶんご)水道を隔てて、中国・四国の山々が望まれる。初夏のミヤマキリシマや冬の樹氷が美しい。阿蘇くじゅう国立公園(あそくじゅうこくりつこうえん)に含まれ、南東山腹には式内社の火男火売神社(ほのおほのめじんじゃ)がある。主要地方道別府一の宮線沿いの鳥居(標高590メートル)からは徒歩2時間。

[兼子俊一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つるみ‐だけ【鶴見岳】
大分県別府市の西部にある鐘状火山。東側のふもとに別府・亀川など多数の温泉群がある。阿蘇くじゅう国立公園の一部。標高一三七五メートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴見岳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴見岳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation