@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴賀新内(2世)【つるがしんない[にせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鶴賀新内(2世)
つるがしんない[にせい]
[生]延享4(1747).
[没]文化7(1810).7. 江戸
新内節太夫。初名加賀歳(かがとし)。前名若歳新内。1世鶴賀若狭掾高弟。目が不自由だった。鼻にかかった声と独特の節回しで人気を得,それによって,鶴賀節の名に代わって新内節の呼称が一般化した。鶴賀家元から分かれて新内家を立て,新内家では 1世とされる。『藤かづら』『白玉お半』などを作曲。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴賀新内(2世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴賀新内(2世)の関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニーヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇レオポルト1世水商売

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation