@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴賀新内【ツルガシンナイ】

デジタル大辞泉

つるが‐しんない【鶴賀新内】
[?~1810]新内節太夫芸名。2世。鶴賀若狭掾門弟で、鼻にかかった独特の節回しで人気を得た。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つるがしんない【鶴賀新内】
新内節の太夫,作曲家。(1)初世(1714‐74∥正徳4‐安永3) 湯方御家人,本名岡田五郎次郎。初名新内。1758年(宝暦8)鶴賀加賀八太夫と改名。この人の存命中には新内節の名称はなかったので,新内の代数に数えないこともある。(2)2世(?‐1810(文化7)) 盲人。初世鶴賀若狭掾(わかさのじよう)の高弟鶴賀斎の弟。鶴賀若歳をへて2世新内を襲名。俗に〈若歳新内(わかとししんない)〉という。鼻にかかった特異な〈ふし落し〉が好評を博し,1777年(安永6)ごろから,それまでの富士松,鶴賀などの節を〈新内節〉というようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鶴賀新内
つるがしんない
新内節鶴賀派の芸系で、俗に若歳(わかとし)新内といわれる2世に始まるとみなす説がある。今日まで数代を数えるが3世までが著名。[林喜代弘]

初世

(1714―74)本名岡田五郎次郎。湯方御家人(ごけにん)で、初世若狭掾(わかさのじょう)の弟子。初名新内。1758年(宝暦8)加賀八太夫と改名。この人の時代にはまだ「新内節」の名称はない。[林喜代弘]

2世

(?―1810)初世若狭掾の高弟鶴賀斎の弟で盲人。初名加賀歳(かがとし)。若歳を経て2世新内となる。鼻へ声を抜く独得の節落しが世上でもっぱらの評判となり、1777年(安永6)ごろから鶴賀、富士松、豊島などの系統の浄瑠璃(じょうるり)を総括して新内節と呼称するようになった。[林喜代弘]

3世

生没年未詳。2世の門人で盲人。2世加賀歳から1814年(文化11)ごろ3世を襲名したと思われる。文政(ぶんせい)年間(1818~30)にかけて芝居の舞踊の地方(じかた)として出演し、新生面の開拓に努めた。のち豊名賀薗太夫(とよなかそのたゆう)、鶴賀出雲掾(いずものじょう)、津留賀文弥(つるがぶんや)としばしば改名しているが、27年(文政10)以後の消息は不明である。[林喜代弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つるが‐しんない【鶴賀新内】
新内節の名家。初世。本名、岡田五郎次郎。通称若歳(わかとし)新内。宮古路加賀太夫(のち富士松薩摩掾)の門弟。同門の鶴賀若狭掾とともに独立、鶴賀新内と称した。哀婉断腸の節まわしで人気を得た。安永六年(一七七七)頃から鶴賀節・富士松節なども「新内節」といわれるようになった。文化七年(一八一〇)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴賀新内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴賀新内の関連情報

関連キーワード

クライストブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)スペイン独立戦争パッフ(Johann Friedrich Pfaff)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation