@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鶴賀若狭掾(1世)【つるがわかさのじょう[いっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鶴賀若狭掾(1世)
つるがわかさのじょう[いっせい]
[生]享保2(1717).敦賀
[没]天明6(1786).3.22. 江戸
新内節太夫鶴賀派。本名高井庄兵衛。宮古路加賀太夫高弟。初名宮古路加賀八,のち敦賀太夫。師が富士松薩摩と改名した際にともに富士松姓になり,宝暦1 (1751) 年頃独立して朝日若狭掾と名のり,同8年までに鶴賀若狭掾改称。その語りは鶴賀節と呼ばれた。同8年以後は劇場を離れ,お座敷浄瑠璃専門となり,のちの新内節の芸風を確立した。代表作『明烏』『蘭蝶』『伊太八』。門下の2世鶴賀新内から新内節の呼称が起きた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴賀若狭掾(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴賀若狭掾(1世)の関連情報

関連キーワード

三宝備後国ラフィトー三子三筆四象抜・貫鋸草ぼんぼり回・廻・周

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation