@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鷲敷【わじき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鷲敷
わじき
徳島県中南部,那賀町東部の旧町域。那賀川中流域にある。 1908年町制。 2005年相生町,上那賀町,木沢村,木頭村と合体し那賀町となる。中心地区の和食郷 (わじきごう) は中世の小城下町で,いまもその名残りがみられる。周辺ではスダチ栽培が行なわれ,石灰岩を産する。和食郷から上流約 2kmの渓流鷲敷ラインと呼ばれる景勝地で,カヌーの常設競技場,川下りの遊覧船もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鷲敷
わじき
徳島県中南部、那賀郡(なかぐん)にあった旧町名(鷲敷町(ちょう))。現在は那賀町の東部を占める地域。那賀川の中流に位置する。旧鷲敷町は、1907年(明治40)町制施行。2005年(平成17)相生(あいおい)、上那賀の2町および木沢(きさわ)、木頭(きとう)の2村と合併して、那賀町となった。那賀町役場がある。国道195号が通じる。戦国時代に仁宇(にう)氏の居城仁宇城(のち和食城(わじきじょう)とも)が置かれ、のち徳島藩阿波(あわ)九城の一つとして重臣山田氏が居住した。そのころから那賀川上流域の仁宇谷の中心となった。地域の大部分は山地で、スギ、ヒノキなどの木材の生産が多い。農業は米作のほか、イチゴ、スダチ、タケノコ、フキなどを産する。わじき工業団地に製薬工場が進出している。那賀川には鷲敷ラインとよばれる渓谷があり、カヌー競技が行われる。蛭子(えびす)神社境内に自生するボウランは北限地として県の天然記念物に指定されている。県農林水産総合技術支援センターの試験林がある。なお、四国霊場八十八か所の第21番札所太龍寺(たいりゅうじ)(所在は阿南市加茂町)へのロープウェーの乗車駅がある。[高木秀樹]
『『鷲敷町史』(1981・鷲敷町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷲敷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鷲敷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation