@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鷹島(たかしま)沖海底遺跡【たかしまおきかいていいせき】

知恵蔵

鷹島(たかしま)沖海底遺跡
元寇(げんこう)・弘安(こうあん)の役(1281年)の際に暴風で沈没した元軍の遺品らしい遺物が、海底から多数見つかっている長崎県松浦市(旧鷹島町)沖の遺跡。これまでに陶器製の爆裂弾や刀剣、矢、船材などが出土していたが、02年9月に軍団を示すという「王百戸」とで書かれた青磁碗(せいじわん)、(すずり)などが海底を1〜1.5m掘り下げ、見つかった。
(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

鷹島(たかしま)沖海底遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鷹島(たかしま)沖海底遺跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation