@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

鷺娘【さぎむすめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鷺娘
さぎむすめ
歌舞伎舞踊曲。長唄宝暦 12 (1762) 年4月,江戸市村座初演。六替りの所作事柳雛諸鳥囀 (やなぎにひなしょちょうのさえずり) 』内の一曲。2世瀬川菊之初演作詞者未詳。作曲富士田吉次,杵屋忠次郎白鷺風情をかりて恋に悩む女性の姿を描いた曲。前半は幽艶,後半ははなやかな娘気分の踊り,最後が地獄の責めと変化に富む。「縁を結ぶの」が聞かせどころ。明治になって3世杵屋正治郎が新しく合方を加えている。9世市川団十郎の復活上演 (1892) 以来,派手な引抜き演出の採用もあって流行曲となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さぎむすめ【鷺娘】
歌舞伎舞踊長唄壕越二三治(ほりこしにそうじ)作詞、杵屋忠次郎作曲。四変化舞踊「柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしょちょうのさえずり)」の一。宝暦12年(1762)江戸市村座で初演。白鷺に託して、恋に悩む若い女性を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さぎむすめ【鷺娘】
歌舞伎舞踊。長唄。1762年(宝暦12)4月江戸の市村座初演。五変化所作事《柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしよちようのさえずり)》の一曲。演者は初世瀬川菊之丞。作詞者不詳。作曲杵屋(きねや)忠次郎ほか。振付2世西川扇蔵。白鷺が白無垢姿の娘と化して水辺に現れ,やがて赤地友禅衿付の町娘に引抜き,クドキ,手踊,傘踊を華やかに踊り,最後は羽または火焰の衣装にぶっ返り,地獄の呵責(せめ)に苦しむ振りで終わる。三下りの曲で通した凄艶な色気漂う名作。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鷺娘
さぎむすめ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。作詞者不詳。杵屋(きねや)忠次郎作曲、2世西川扇蔵振付け。1762年(宝暦12)4月、江戸・市村座で2世瀬川菊之丞(きくのじょう)が初演。五変化舞踊『柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしょちょうのさえずり)』の一節。雪のなかにたたずむ白鷺の精に託して娘心の妄執を描いたもので、白無垢(しろむく)・綿帽子の嫁入り衣装から引き抜いて友禅衣装の町娘になり、クドキ、手踊、傘踊などを経て、最後は羽または火焔(かえん)の衣装にぶっ返り、地獄の呵責(かしゃく)に苦しむ姿をみせる。全曲を三下がりのしっとりした調子で通しながら、幽艶(ゆうえん)・華麗・凄愴(せいそう)と変化に富んだ名作で、女方(おんながた)舞踊の代表作になっている。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さぎむすめ【鷺娘】
歌舞伎所作事。長唄。杵屋忠次・富士田吉次作曲。宝暦一二年(一七六二)江戸市村座初演。五変化舞踊「柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしょちょうのさえずり)」の一つ。娘に化けた白鷺が身をはかなむ振りから、地獄に落ちて鬼の責め苦にあう振りで終わる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

鷺娘
〔長唄〕
さぎむすめ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
演者
杵屋六左衛門(10代)
初演
天保10.3(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷺娘
(別題)
さぎむすめ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
さぎむすめ
初演
宝暦12.3(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷺娘
(通称)
さぎむすめ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
柳雛諸鳥囀
初演
享保17.1(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷺娘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鷺娘の関連情報

関連キーワード

ピョートル3世桃園天皇グルックビュート伯ルソー後桜町天皇桃園天皇カラス事件後桜町天皇シラン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation