@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【サギ】

デジタル大辞泉

さぎ【×鷺】
コウノトリ目サギ科の鳥の総称くちばし・くび・脚が長い。飛ぶときにくびを乙字形に曲げる。水辺にすみ魚を捕食するが、草原森林にすむもの、昆虫などを常食とするものもある。62種が極地砂漠を除く世界各地に分布。白いダイサギコサギアオサギゴイサギなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さぎ【鷺】[謡曲]
謡曲。四番目物の命で鷺を捕らえようとした蔵人(くろうど)が「勅諚(ちょくじょう)ぞ」と言うと、鷺は自ら地に伏したので、帝は蔵人と鷺とを五位に叙する。元服前の少年か還暦後の老人直面(ひためん)で演じる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろ【鷺】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ロ(漢) [訓]さぎ
鳥の名。サギ。「烏鷺(うろ)朱鷺(しゅろ)白鷺
[難読]朱鷺(とき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さぎ【鷺】
能の曲名四番目物作者不明。シテは鷺。夏の夕方,帝(ツレまたは子方)が群臣(ワキヅレ)を連れて神泉苑に赴き,池辺をとっていると,白鷺が一羽下り立つ。蔵人(くらんど)(ワキ)に命じて捕らえさせると,一度は飛び立ったが,勅諚(ちよくじよう)であると言葉を掛けるとふたたび下りて来て,静かに抱き取られた。帝はそのようすに感じ入り,鷺にも蔵人にも五位の位を授ける。鷺は喜ばしげにあたりを舞い巡っていたが(〈鷺ノ乱レ〉),許されて空高く飛び去る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さぎ【鷺】
コウノトリ目サギ科の鳥の総称。細く長い首・くちばし・脚をもち、水辺で魚・カエル・カニ・貝・昆虫などを餌えさとして生活する。アオサギ・シラサギ類・ササゴイ・ゴイサギ・ヨシゴイなど種類が多く、世界各地に分布。
[句項目] 鷺を烏

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


さぎ
能の曲目。四番目物。五流現行曲。ただし金春(こんぱる)流は昭和の復曲。作者不明。生きた鳥そのものをシテとした特殊な曲。帝(みかど)(ツレあるいは子方)は、群臣を引き連れて神泉苑(しんせんえん)へ夕涼みの行幸の態。池のほとりに降り立った白鷺をとってまいれとの勅命が下りる。蔵人(くらんど)(ワキ)は飛び立つ鷺(シテ)に「勅諚(ちょくじょう)ぞ」と呼びかけ、鷺をとらえて帝の前に連れていく。帝は蔵人と鷺に、ともに五位の位を授け、放たれた鷺は喜びの舞を舞う。「鷺乱(さぎみだれ)」という、この能独自の軽やかな舞である。元服前の少年か、還暦あるいは古稀(こき)を過ぎた老人に限って演ずるしきたりが古来から守られている。白一色の清浄さを尊ぶがゆえである。中年の演者が例外的に勤める場合は、素顔でなく延命冠者(かじゃ)の面をかける。海外能でもよく上演される、バレエ風の楽しい能。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鷺 (サギ)
動物。サギ科に属する鳥の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さぎ【鷺】
[1] 〘名〙
① サギ科に属する鳥の総称。嘴(くちばし)、頸(くび)、脚(あし)が長くツルに似ているが、やや小さく、飛ぶときにはツルと違って頸を乙字形にまげる。目の周囲は裸出し、尾羽が短い。繁殖期には頭上の羽毛が後方に長くのびて羽冠を形成。ふつう樹上に巣を作り、水田、川沼などで魚、カエル、水生昆虫を食べる。アオサギ、ゴイサギ、クロサギ、ササゴイ、ダイサギ、チュウサギ、コサギなど種類が多い。形態が似ているトキ科のヘラサギなどを含めていうこともある。雪客(せっかく)。《季・春》
※古事記(712)上「鷺(さき)を掃持(ははきもち)と為、翠鳥(そにどり)を御食人(みけびと)と為」
※枕(10C終)四一「さぎは、いとみめも見ぐるし」
② 「さぎりゅう(鷺流)」の略。
※わらんべ草(1660)一「入間川の狂言にふしん有、〈略〉此御ふしんは、さぎにも、御尋なされけれども、御へんたうなかりしよし被仰し也」
[2] 能楽の曲名。五番目物。各流。作者未詳。帝の命で神泉苑に下り立つ鷺を捕えようとした蔵人が「勅諚(ちょくじょう)ぞ」と言うと、鷺は羽を垂れ地に伏した。帝は御感のあまり蔵人と鷺を五位に叙したというもので、「平家物語」を典拠とする。シテは元服前の少年か還暦を過ぎた老人が直面(ひためん)で演じる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鷺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation